比較レビュー。「Galaxy Z Fold 2」は「Galaxy Fold」から恐ろしく進化している

先日には韓国版の「Galaxy Z Fold 2」を購入してファーストインプレッションをまとめてみたので「「Galaxy Z Fold 2」開封レビュー。間違いなく現時点で最高の折り畳みスマホ」をご参照下さい。さて今回「Galaxy Fold」と「Galaxy Z Fold 2」の比較レビューをしてみたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

①よりスタイリッシュに。

「Galaxy Fold」は正式発表された当初は4色展開でしたが、発売延期後はブラック/シルバーの2色展開に。一方で「Galaxy Z Fold 2」はブロンズ/ブラックの2色展開に。

ブラックに関しては両機種とも光沢感強めのデザインとなっていますが、ブロンズに関してはマット仕上げに。質感はユーザーの好み次第だと思いますが、マット仕上げはまた違った高級感を感じます。

そして本体サイズもスペック以上に大きく違いを感じます。

 FoldZ Fold 2
開いた状態160.9×117.9×6.9mm159.2×128.2×6.9mm
閉じた状態160.9×62.8×17.1mm159.2x68x16.8mm
重さ276g282g

特に折りたたんだ状態の時「Galaxy Fold」は変に縦長となっていましたが、「Gaalxy Z Fold 2」ではだいぶ改善されました。またヒンジ部分が僅かに薄くなっています。

スペック上では重くなっていますが、本体サイズが大型化したこともあり、「Galaxy Z Fold 2」の方が持った時に軽くなった印象を受けます。

「Galaxy Z Fold 2」の方がより「Galaxy Note20 Ultra」など他のGalaxyと共通したデザインを採用しています。

またフラットまではいかないですが、「Galaxy Z Fold 2」の方がよりフラットに近いサイドフレームを採用したので、持ちやすさの改善にもつながっているように感じます。

②大幅に改善されたディスプレイ。

「Galaxy Z Fold 2」に関してはアスペクト比5:4を採用したことでより正方形に近いデザインとなったこと。さらにディスプレイ自体が大型化したことで、表示できるアプリのアイコンを一列分多くなっています。

またディスプレイが大型化したことでコンテンツもより大きく表示されるようになりましたが、「Galaxy Fold」の方が一度に表示できる情報量は僅かですが多いです。

「Galaxy Z Fold 2」は120Hzのリフレッシュレートに対応していますが、個人的に嬉しかったのは「Galaxy Fold」で発生していたジェリーロール現象が改善されていること。

高リフレッシュレートに対応したことでより滑らかに表示されるようになった一方で、変に波がうったような表示ではなくなったので、かなりみやすくなっています。

「Galaxy Z Fold 2」は折り目やシワが目立ちにくいとされているUTGが採用されていますが、改めて比較してみるとそこまで改善されていないですよね。

またディスプレイに保護シートを貼ったりするのはNGなのも相変わらずなので、耐久性はかなり改善されたとはいえ、普通のスマホと比較すればまだまだ耐久性に欠けるのは共通しています。

サブディスプレイの差は一目瞭然です。圧倒的にみやすくなっています。また「Galaxy Z Fold 2」はアスペクト比25:9という縦長のディスプレイを活かすためにか、画面分割機能やポップアップ表示にも対応しています。

サブディスプレイだけでも初代と比較すれば普通のスマホのように使えるようになっており、汎用性はかなり高くなっています。

サブディスプレイからメインディスプレイの切り替えは非常にスムーズですが、逆は「Galaxy Fold」から大きく改善されず、アプリごとの設定が必要です。よりシームレスに切り替えられるようになることを期待していたのでちょっと残念です。

③電池持ちは良くない。

ヒンジ部分が大幅に改善され、フレックスモードに対応。そしてスピーカーも大幅に強化されています。そして基礎スペックもしっかりと底上げされています。

個人的に地味に改善したように感じるのが指紋認証です。「Galaxy Z Fold 2」は指紋認証が電源ボタンに統合されているため、ボタン式となっており認証しやすい。さらに反応も良くなったように感じます。

そして電池持ちに関しては、「Galaxy Fold」よりはそこまで進化していないという印象です。あまり良くないですけど、めちゃくちゃ悪いというわけでもありません。

④カメラ比較

そして最後にカメラを比較したいと思います。

左側が「Galaxy Fold」で撮影した画像になります。フォーカスの精度自体もそこまで大きく改善した印象は受けません。色調に関しては「Galaxy Z Fold 2」の方が少し濃くなった印象を受けます。

こちらも左側が「Galaxy Fold」で撮影した画像になります。ナイトモードに関しては、「Galaxy Z Fold 2」の方がより実際の色合いに近い印象を受けます。

超広角
2倍
10倍

こちらも左側が「Galaxy Fold」で撮影した画像になります。ズームに関してはそこまで差があるような印象は受けません。

まとめ。

カメラに関してはほぼ進化した印象は受けませんが、ディスプレイに関してはめちゃくちゃ進化しています。また基礎スペックもしっかりと底上げされており、それで本体価格は据置となっているので、コスパはめちゃくちゃ改善された印象を受けます。

すでにEtorenでは発売されているので気になるユーザーはチェックしてみてください。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。
スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!
正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円
「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。 多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。 一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。 これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。 なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。 それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG