「Xperia XZ1 Compact」ユーザーは「Xperia 5/10II」どちらに機種変更するべきか

先日よりドコモより「Xperia 1II」がいよいよ発売され、一方で自分はSIMフリーモデルをあえてこのタイミングで購入した理由についてまとめたので「結局ドコモ版「Xperia 1II」の購入を見送った「理由」」をご参照下さい。

一方で先日にはコンパクトモデルとして注目度が高い「Xperia 5」と「Xperia 10II」のどちらがおすすめか簡単にまとめたので「「Xperia 10II」と迷うなら。「Xperia 5」をオススメしたい5つの理由」をご参照下さい。

今回は「Xperia XZ1 Compact」ユーザーが同じコンパクトモデルである「Xperia 5」と「Xperia 10II」のどちらを購入するべきか簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • 持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000%円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

持ちやすさはどうなの?

約3年前に発売された「Xperia XZ1 Compact」。最大の特徴といえばその本体サイズ。後継機種として「Xperia XZ2 Compact」が存在しますが、重く/分厚くなっていることからも嫌悪したユーザーも多いのではないでしょうか。

だからこそ実質「Xperia XZ1 Compact」が最後のハイエンドコンパクトモデルに近い。そして最新機種の中でハイエンドコンパクトモデルとなるのが「Xperia 5」。そしてほぼ同じサイズ感の「Xperia 10II」の注目度も高いです。

本体サイズ重さ
XZ1 Compact129 x 65 x 9.3 mm143g
Xperia 5158 x 68 x 8.2 mm164g
Xperia 10II157 x 69 x 8.2 mm151g

少なくとも持ちやすさの要因になるのが横幅と厚さ。本体の厚さに関しては「Xperia XZ1 Compact」より薄いですが、「Xperia 5」の方がわずかに重い。

ただ横幅68mmと僅か1mmの差ですが、この僅かの差は結構持ちやすさが違います。また「Xperia 5」の方が重いこともあり、より手にフィットします。

「Xperia XZ1 Compact」のサイズ感にはほど遠いですが、「Xperia 5」と「Xperia 10II」のどちらが持ちやすいかといえば自分は「Xperia 5」の方が持ちやすい。

動作性はいかに?

そしてスマホは日常使うものだからこそ、スペックも重要ですが、それ以上に重要視してほしいのが動作性。

SoCRAM
XZ1 CompactSnapdragon8354GB
Xperia 5Snapdragon8556GB
Xperia 10IISnapdragon6654GB

RAMに関しては、ユーザーの使い方次第だと思います。ただ「Xperia 5」や「Xperia 10II」は縦長デザインを活かすために画面分割機能に対応しています。同時に2つのアプリを動かすことを考えると、少ないよりは多い方が安定します。

AnTuTu
XZ1 Compact約24万点
Xperia 5約43万点
Xperia 10II約16万点

3Dゲームをやらないユーザーであれば、「Xperia 10II」でおそらく事足ります。ただベンチマーク上で比較すると「Xperia XZ1 Compact」よりスコアが低いんですよね。

せっかく最新機種を購入したのに、動作性は改善するどころから、逆にもたつく感じがする。そうなるとちょっと残念ですよね。また後々自分が3Dゲームをやりたいと思っても「Xperia 10II」ではキャパオーバーになる可能性が高い。

また発熱に関しても「Xperia 10II」より「Xperia 5」の方が抑えられている印象を受けます。やはりゆとりがあるのは重要です。

電池持ちはどうなの?

そして気になる人が多いのが電池持ち。少なくとも今回3機種の電池持ちは歴代Xperiaの中でもかなり優秀です。GSM Arenaが公開したバッテリーテストの結果をまとめると以下のようになります。

バッテリースコア
XZ1 Compact2700mAh108
Xperia 53140mAh96
Xperia 10II3600mAh92

少なくとも同サイトが公開しているバッテリーテストの中で、「Xperia XZ1 Compact」が歴代Xperiaの中で最も優秀です。なので「Xperia 5」も「Xperia 10II」も及びません。

そのバッテリー容量を考えると「Xperia XZ1 Compact」の電池持ちは驚異的ですよね。ただ「Xperia 5」と「Xperia 10II」を実際に使った印象としてはそこまで差がないように感じます。なのでスコア差はありますがそこまで気にする必要性はないように感じます。

ディスプレイに大きな差。

そして「Xperia XZ1 Compact」の電池持ちが優れている要因の一つとしてディスプレイ。

ディスプレイディスプレイサイズ
XZ1 CompactLCD4.6インチ(HD)
Xperia 5OLED6.1インチ(FHD+)
Xperia 10II6.0インチ(FHD+)

「Xperia XZ1 Compact」のアスペクト比21:9はかなり魅力的ですが、液晶に表示解像度がHDと明らかに時代遅れです。「Xperia XZ1 Compact」ユーザーからすれば、「Xperia 10II」にしろ「Xperia 5」にしろかなりディスプレイが綺麗に見えると思います。

ただ「Xperia 5」はHDRに対応していること。さらにクリエイターモードに対応していること。この2点は非常に大きく、シネマライクな動画や映画などを見ると、明らかに差が生まれます。

コンテンツを楽しみたいと思うならやはり「Xperia 5」の方がアドバンテージがあります。

撮影体験に大きな差。

「Xperia XZ1 Compact」はシングルレンズカメラであることからも、「Xperia 5」や「Xperia 10II」では望遠レンズに超広角レンズを搭載しているので、より幅広い撮影ができて楽しいと思います。

ただ大きな差を感じるのが撮影体験。「Xperia 10II」はシャッターボタンを押してから保存されるまでのタイムラグが結構あります。なのでベストタイミングでシャッターボタンを押しても保存されるまでにタイムラグがあるので、その間に被写体が動けばブレます。

一方で「Xperia 5」はそこまでタイムラグがありません。また意外と優秀だと思うのが「瞳オートフォーカス」。特に人物を撮影する時にはクオリティに差がでます。

あと動画に関して「Xperia 5」自体がそこまで手振れ補正が強いわけではありませんが、「Xperia 10II」は電子手振れ補正なので、かなり手ブレします。正直手持ちで移動しながらの撮影は厳しいと思います。

撮影体験を重視している「Xperia」だからこそ、「Xperia 5」の方がより上手くまとまっていると思います。

まとめ。

購入方法にもよりますが、「Xperia 5」自体がそこまで高くないことからも、意外と安く購入することができます。下手をすると2万円程度の価格差で購入することができます。

この2万円を高いと考えるか安いと考えるかはユーザー次第ですが、毎日使うものだからこそ、よりストレスなく使いたいのであれば2万円の価格差は自分にとっては安く感じます。

少なくとも「Xperia XZ1 Compact」ユーザーが買い換えるのであれば「Xperia 5」が最適解だと思います。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

「dカード GOLD」のメリット
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • 持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円

「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。

多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。

一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。

これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG