今購入するなら「Xperia 1II」より「Xperia 5」の方が満足度が高いと思う理由

先日の情報からも、Sonyスペインが「Xperia 1II」を春の終わりに発売することを明らかにしており、ヨーロッパでの春の終わりは6月20日前後であることからも、6月中旬以降に発売される可能性があると考えることができます。

詳細は「Sonyが明らかに。「Xperia 1II」はヨーロッパで6月中旬以降に発売へ」をご参照下さい。一方でSonyのミスのなのか判然としませんが、Sonyの公式ホームページにおいて「Xperia 1II」が「Where to Buy」の表示に変更されていることが判明しており、まもなく発売される地域があると予測されています。

詳細は「「Xperia 1II」。イギリスではすでに「発売」への準備が完了に?」をご参照下さい。さて今回「Xperia 1II」より「Xperia 5」の方が満足度が高いと思う理由について簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • 持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000%円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

5G対応にメリットがない。

3月下旬より大手キャリアが5Gを開始しましたが、ユーザーの想定を大きく下回るほど、5G対応地域が限定されていることが明らかになりました。5Gが開始したとはいえ実質形だけでほとんどのユーザーは恩恵を受けることができません。

5G対応地域が普段の行動範囲であるユーザーにとっては魅力的ですが、多くのユーザーにとってはそうではないと思います。ユーザーにとってやはり5Gが使えると実感するのは日常で常用的に使えるようになってからだと思います。

春モデルとして発表された5G対応機種はミリ波に対応しているか否か。ただ現状ではミリ波どころからSub-6も満足に使えない。となると5G対応料金プランを契約し、5G対応機種を購入しても高くつく可能性が高い。

ドコモは5月下旬以降、一部5G対応機種に3G通信できなくするように制限することを明らかにしています。つまり5Gが満足に使えない状況下で3Gが使えなくなるとリスクが増えるユーザーもいると思われます。このことを考えると、今無理に5G対応機種を購入する必要性はないと思います。となると4Gモデルで十分ですよね。

先を見越してのは5G対応機種の購入は微妙。

機種変更サイクルが年々長期化していることからも、以前のように2年周期で機種変更するユーザーは減っていると思います。また先を見越してミリ波対応機種を購入するべきかという声もよく聞きます。つまり向こう3~4年見越して今5G対応機種を購入するべきか。

今年の後半に発売される「iPhone 12」シリーズであれば3~4年の先を見越して購入するのは十分ありだと思います。ただ「Xperia 1II」を始めとしたAndroidはちょっと事情が異なります。その理由はアップデートの保証期間です。

Androidは基本メジャーアップデートが2年で、セキュリティアップデートが3年となっています。なので2年以上使うことを想定している場合、途中でアップデートがほぼなくなるリスクあります。またこの保証期間は必ずしもと言えない状況で、それこそメーカーの判断次第の面もあります。

ちなみにAndroid8.0を搭載して発売された「Xperia XZ1」シリーズは、メジャーアップデートはAndroid9.0へ1回のみ。そしてセキュリティアップデートは2年で打ち切りになりました。iOSにしろAndroidにしろ常に新たな脆弱性が発見されていることを考えると、途中でアップデートが終了になるのはリスクが高いように感じます。

4Kに対応しているコンテンツが少ない。

「Xperia 1」や「Xperia 1II」などプレミアムモデルの大きな特徴として「4K OLED HDR」を搭載していること。条件がはまればスマホのディスプレイとしては最強ですが、アスペクト比21:9を含めて考えると、その条件にハマるコンテンツに出会うのは非常に難しいです。

4K/アスペクト比21:9で絞って探せば、対応コンテンツはそれなりに見つかると思いますが、そのコンテンツを見たいかどうかは別の話になります。となると同じアスペクト比21:9であっても2KやFHD+の方が汎用性が高く感じしてしまいます。

どうしても画素密度が高いとディスプレイが暗くなるため、より明るくするために消費電力効率が悪くなります。日常使う上で電池持ちはやはり重要です。「Xperia 1II」のバッテリーテストの結果は判明していませんが、「Xperia 1」と「Xperia 5」では雲泥の差です。

自分のような物好きであれば、迷わず「Xperia 1」や「Xperia 1II」を選びますが、対応コンテンツが少なく、さらに電池持ちが悪いのであれば「Xperia 5」の方が満足度が高いと思われます。

本体価格に大きな差。

「Xperia 5」が比較的安いということもありますが、「本体一括価格」で比較してみると「Xperia 1II」と「Xperia 5」では約4万円の価格差があります。この4万円の価格差を見出すのは正直難しいと思います。

5Gは大して使えない。4K非対応コンテンツをいくら4Kにアップコンバートしてくれる機能があるとはいえ、あくまでも擬似的で4Kに対応しているコンテンツが少ないとなると、「Xperia 5」でも十分だと思ってしまいます。

「Galaxy S20 Ultra」など一部機種と比較すれば「Xperia 1II」はまだ安いですが、やはり10万円オーバーになると高いという印象を受けるユーザーが多いと思います。個人的には「Xperia 1」や「Xperia 5」と比較して「Xperia 1II」が高いのは納得できます。

他の機種と比較してコスパがいいかどうか別として、「Xperia 1II」は高価格化したことに見合ったスペックを搭載しているとは思います。ただ自分のようにポジティブに捉えるユーザーは少ないと思います。

まとめ

「Xperia 1II」自体は非常に魅力のある機種だと思います。ただ5G対応ということが足かせになっているように感じます。5Gがほとんど使えない現状。そして5Gが使えたとしても目に見えてわかりやすいメリットがない。

このことからも4Gモデルの方が魅力に感じるユーザーも多いと思います。となるとより安く汎用性が高い「Xperia 5」の方が魅力的に見え、自分のような物好きであれば「Xperia 1II」の一択になりますが、多くのユーザーにとっては「Xperia 5」の方が最良の選択肢に思えてしまいます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

「dカード GOLD」のメリット
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • 持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円

「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。

多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。

一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。

これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG