「アメリカ」が自滅する可能性も。「Huawei」に新たな規制をかける可能性

先日の情報からも、「Google」は「Huawei」と取引再開するために、「アメリカ」政府に対して再申請をしていることが明らかになっており、今後審査結果においては「Google」との取引が再開する可能性があると予測されています。

詳細は「状況が一転。「Huawei P40 Pro」など今後「Googleアプリ」を復活する可能性」をご参照下さい。一方で先日に「Huawei」は「Huawei P40」シリーズを正式に発表しましたが、その後のライブインタビューにおいて、「Google」との取引再開を前向きに検討していることが明らかになっています。

詳細は「「Googleアプリ」の搭載は前向きに。「Huawei P40」以降で「GMS」が復活する可能性も」をご参照下さい。さて今回Reutersによるとアメリカは「Huawei」に対してさらに規制を強化しようとしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「アメリカ」が自滅する可能性も。

さて今回の情報によると、「アメリカ製」のチップ製造機を使う外国企業は、「Huawei」にチップを提供する場合、「アメリカ」政府からライセンスを獲得するようにルールを変更する可能性があるとしています。

このルール変更に伴い「HiSilicon」のメインサプライヤーである「Taiwan Semiconductor Manufacturing Co」に規制をかけることで、「Huawei」のへの「チップ」供給を規制させることが目的だとしています。

この結果Huaweiにかなりのダメージを与えることが可能だとしていますが、貿易弁護士の「Doug Jacobson」氏は、「Huawei」は結局独自のサプライヤーを新たに構築することで、この規制から逃れることができ、結果「アメリカ」企業の方がダメージをくらう可能性があるとしています。

今回の情報を確認する限り、「Huawei」に対して規制を強化しようとしている時点で、「Google」との取引再開はあまり期待できませんよね。良くも悪くも「Huawei」がここまで影響力の大企業でなければ、同じ通信会社でもここまで目をつけられなかったのかもしれませんよね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。

結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。

dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく

持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000%円(税抜)につき「10%」がポイントになる。

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG