「Huawei」前年対比「70%」減の大崩壊。「Xiaomi」に抜かれて世界「4位」に転落

先日の情報からも、「Google」は「Play Store」の認証を受けていない製品に対して「Google Play Store」のインストールをロックした可能性があるとされており、「Huawei」の最新機種ではついにインストールできなくなった可能性があると予測されています。

詳細は「「Huawei P40」ではインストールできない?「Google」が「Play Store」を完全にロックした可能性」をご参照下さい。一方で「Huawei」は主にグローバル市場において、「Google Play Store」において人気の高いアプリをインストールするための手助けとして「App Search」を実装する可能性があるとされています。

詳細は「「Googleアプリ」をインストールしやすいように。「Huawei」が「App Search」を実装へ」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、「Huawei」は前年対比「70%」減と大幅に出荷台数が減少したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

ついに世界「4位」に転落。

さて今回市場会社の調査結果によると、「2020年2月」において「Huawei」は「グローバル市場」において「世界4位」に転落したことが判明したとしています。「2020年1月」から「ウイルス」の影響で大幅に出荷台数が減少していることに違いはありませんが、特に「2月」はかなり深刻で、僅か「550万台」しか出荷していないことを確認することができます。

また「Xiaomi」は「600万台」出荷しており、僅かですが、「Huawei」より多く出荷しています。特に「2020年第1四半期」は中国市場の減速が他のグローバル市場より著しく、「Huawei」は中国市場での依存比率が異常に高いことからも、余計に失速したと考えることができます。

少しずつ「中国市場」は活気が戻ってきていますが、それでも当面は厳しい状況が続きそうですよね。このまま「Huawei」が失速していくのは個人的にはちょっと悲しいですよね。「グローバル市場」でも販路を拡大しているので、少しずつ勢いを取り戻して欲しいですよね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。

結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。

dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく

持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000%円(税抜)につき「10%」がポイントになる。

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG