「Huawei Mate X」と「Huawei Mate Xs」の比較「動画」公開。ヒンジの形状が全く異なる

先日の情報からも、「Huawei Mate Xs」は「中国」で発売されていますが、「販売開始」僅か「数秒」で完売するなど、依然として高い人気があると考えることができます。詳細は「驚異的な人気。「Huawei Mate Xs」まさかの「数秒」で完売」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「イタリア」の「Amazon」においても「Huawei Mate Xs」の予約が開始していることが判明しており、「日本」への配送にも対応していることが判明しています。詳細は「「Huawei Mate Xs」が「イタリア」の「Amazon」で予約開始。「日本」への配送にも対応」をご参照下さい。

さて今回Huawei関連の情報に精通しているTeme氏が「Huawei Mate X」と「Huawei Mate Xs」の比較動画を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「比較」動画が公開に。

さて今回同氏が以下のようなTweetしていることが判明しました。

さて上記の画像は、「Huawei Mate Xs」と「Huawei Mate X」を比較した動画になります。特にヒンジ部分にフォーカスしており、全く形状が異なることを確認することができます。また同氏は「ヒンジ」部分において、以下のようにTweetしています。

「Huawei Mate Xs」のヒンジ部分は「Huawei Mate Xs」と比較しても可動部分が「小型化」されており、「ゴミ」が入りにくい仕様に変更されているとしています。やはり「GalaxyFold」の時と同じく、「折りたたみ式」を採用した機種のネックの一つは「ヒンジ」だと考えることができます。

「ディスプレイ」の耐久性も重要ですが、「ヒンジ」の改良もかなり重要視していると考えることができます。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。

結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。

dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく

持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000%円(税抜)につき「10%」がポイントになる。

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG