ドコモが「Xperia 1II」を正式発表。「SIMフリー」モデルとの違い「まとめ」

先日の情報からも「Xperia 1II」は「イギリス」で「4月下旬」より。そして「日本」では「5月」。それ以外の地域では「5月」以降に発売されると予測されています。詳細は「「有名リーカー」示唆。「Xperia 1II」は「ヨーロッパ」で「4月下旬」。「日本」では「5月」に発売へ」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1II」は「ルーマニア」において約「12万円」程度に。そして「Xperia 10II」に関しては約「4万円」程度になると予測されています。詳細は「SONYは頑張った。「Xperia 1II」は「12万円。「Xperia 10II」は「4万円」に」をご参照下さい。

さて今回ドコモが「春モデル」を発表し、「Xperia 1II」が国内で初めて正式発表されたので簡単にまとめたいと思います。

「SIMフリーモデル」との違い。

すでに海外では正式発表されている「Xperia 1II」ですが、スペックを再確認する意味でも「SIMフリー」モデルとキャリアモデルとの違いをまとめると以下のようになります。

ドコモSIMフリー
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.5インチ
表示解像度3840×1644(643ppi)
画面占有率82.59%
本体サイズ166 x 72 x 7.9 mm
重さ181g
カラバリBlack/Purple/White
SoCSnapdragon865
RAM8GB
ROM128GB256GB
メインカメラ12MP+12MP+12MP+TOF
インカメラ8MP
バッテリー4000mAh(最大21W)
防水/防塵IP68
生体認証指紋(側面)
イヤホンジャック対応
おサイフケータイ対応非対応
キャリアロゴありなし

大きな違いとしては毎度お馴染みとなっています。やはり事前情報通り、ストレージは「128GB」となっています。一部情報では「64GB」とされていましたが、まだ「64GB」ではなく「128GB」だったのでちょっと一安心です。

そしていつになったらなくなるのか「キャリアロゴ」は健在です。「au」も含めて「SoftBank」が発売する機種のように「グローバル」デザインを採用してくれればいいんですけどね。「おサイフケータイ」にはもちろん対応しています。

あとは「5G」に対応していますが、「ミリ波」に非対応であること。現時点では「ミリ波」に対応していることにメリットは感じませんが、今後「3~4年」使っていくのであれば、「ミリ波」対応機種がおすすめになり、今回は発表された機種の中では「arrows 5G」と「Galaxy S20」シリーズがおすすめになります。

そして「発売時期」と「本体価格」は以下のようになります。

Xperia 1II
発売時期4月下旬以降
本体価格12万3552円

執筆時点では残念なことに詳細は明かされていません。ただ冒頭で記述させて頂きましたが、「イギリス」から発売する可能性が高く、「日本」はその後に発売される可能性が高いと思います。「Xperia 1II」は今までの「Xperia」と異なり、中途半端なスペックのイメージが払拭され、さらに前評判もかなりいいです。

もちろん使ってみないと判然としない面もありますが、久しぶりにかなり期待できるのではないでしょうか。すでに予約を開始しているので気になる方はチェックしてみて下さい。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。

結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。

dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく

持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000%円(税抜)につき「10%」がポイントになる。

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG