「GooglePixel 4a」。「Google Pixel 3a」より早い「UFS2.1」を採用に

先日の情報からも、「Google Pixel 4a」の「実機動画」が公開されていることが判明しており、やはり「パンチホール」を採用していることを確認することができます。詳細は「「Google Pixel 4a」。ついに「実機動画」がリークした可能性」をご参照下さい。

一方でこの「動画」からも「Google Pixel 4a」のより詳細なスペックを確認することができ、「Google Pixel 4」より大きな「3080mAh」のバッテリーを搭載していることが判明しています。詳細は「「RAM6GB」に「3080mAh」搭載?「Google Pixel 4a」のスペックが判明に」をご参照下さい。

さて今回XDAによると、「Google Pixel 4a」は「UFS2.1」を採用している可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Google Pixel 3a」より高速化。

さて今回の情報によると、「Google Pixel 4a」は「UFS2.1」を採用していることが判明したとしています。少なくとも「Google Pixel 3a」では「eMMC」を採用していることからも、より「高速化」していると考えることができ、確か「Google Pixel 4」シリーズも「UFS2.1」を採用していたはずなので同等のスピードになると考えることができます。

正直「廉価モデル」であることからも「UFS2.1」ですら採用される可能性は低いと思っていましたが、意外と頑張るところは頑張ってくれていますね。先日の情報からも、「Google Pixel 4a」は先日の情報からも、「$399」になることが判明しています。

詳細は「「Google Pixel 4a」のポスター画像がリーク。本体価格は「$399」に」をご参照ください。ただ実際のところ「Google」は「Google I/O」を中止にして「Android R」や「Google Pixel 4a」をどのような形で発表するのか現時点では明らかになっていません。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG