[比較レビュー]「Huawei Mate 30 Pro」と「Galaxy S20 Ultra」どちらを購入するべきか「まとめ」

先日には韓国版の「Galaxy S20 Ultra」を購入して「100倍ズーム」や「電池持ち」など簡単にレビューしたので「超短期「レビュー」。「Galaxy S20 Ultra/5G」の「電池持ち」や「100倍ズーム」を確かめてみた」をご参照下さい。

また日本では「2019冬モデル」として登場した「Galaxy Note10+」と「Galaxy S20 Ultra」のどちらがおすすめか簡単にまとめたので「[比較レビュー]「Galaxy S20 Ultra」と「Galaxy Note10+」どちらを購入するべきか」をご参照下さい。

さて今回は「Galaxy S20 Ultra」と「Huawei Mate 30 Pro」のどちらがおすすめ簡単にまとめたいと思います。

持ちやすさとデザイン。

まず「デザイン」から確認していきたいと思います。同じくバックパネルは「ガラス」となっていますが、「Galaxy S20 Ultra」は「ツルツル」として手触りで「Huawei Mate 30 Pro」に関しては「ザラザラ」した手触りとなっています。

また一見「Galaxy S20 Ultra」の方が「指紋」が目立ちそうに感じますが、個人的な印象としては「Huawei Mate 30 Pro」の方が「指紋」が目立つように感じます。

サイズS20 UltraMate 30 Pro
本体サイズ166.9 x 76 x 8.8 mm158.1 x 73.1 x 8.8 mm
重さ222g198g

本体サイズに関しては、「Galaxy S20 Ultra」が「76mm」で「Huawei Mate 30 Pro」が「73mm」となっていることからも片手で持ちやすいです。

本体の厚みに関しては一緒となっており、「重さ」に関しては「Huawei Mate 30 Pro」の方が軽いです。実際に持ち比べてみても「Huawei Mate 30 Pro」の方が軽いことをしっかりと感じることができます。

カメラバンプを含めて確認すると、「Galaxy S20 Ultra」の方が厚みがあります。どちらの機種も「カメラバンプ」がしっかりとありますが、「Huawei Mate 30 Pro」に関しては「カメラバンプ」の背面中央にあるため、テーブルなどにおいて使ってもそこまでグラグラしません。

ただ「Galaxy S20 Ultra」に関しては、「背面左側」に搭載されているため、かなりグラグラします。少なくとも「ケース」なしで、平面において何か作業するのは無理があるように感じます。

また両機種とも「Edgeスタイル」を採用していますが、「Huawei Mate 30 Pro」は側面までほぼ「ディスプレイ」となっている「Horizon Display」を採用しており、デザイン的にもかなりインパクトがあります。

さらに「Edge部分」に触れても誤反応が起きにくい。一方で「Galaxy S20 Ultra」は片手操作しようとした場合簡単に誤反応が起きます。なので片手操作+持ちやすさという面では「Huawei Mate 30 Pro」にアンドバンテージがあると思います。

ディスプレイはどちらも綺麗。

正直「ディスプレイ」に関してはどちらも高精細に感じます。元の「有機ELディスプレイ」の差なのか、強いて言うならば「Galaxy S20 Ultra」の方が綺麗に感じます。

 S20 UltraMate 30 Pro
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.9インチ6.5インチ
表示解像度3200×1440(2K)2400×1176(FHD+)
アスペクト比20:918.5:9
リフレッシュレート60/120Hz60Hz

個人的には「Galaxy S20 Ultra」の「120Hz」には大きなアドバンテージを感じていません。むしろ「電池持ち」が悪化する方がよほどデメリットに感じてしまいます。

それより気になるのは「アスペクト比」が異なること。「Huawei Mate 30 Pro」は「6.5インチ」のディスプレイですが、コンテンツの表示で見ると「Huawei Mate 30 Pro」の方が大きく感じてしまいます。

ちなみに「YouTube」を全画面表示した場合、そのコンテンツの大きさはほぼ一緒です。「Galaxy S20」シリーズの「アスペクト比20:9」に「Xperia 1」の「アスペクト比21:9」は先進的ですが、やはり対応コンテンツが少ないことからもそこまでのメリットを享受できないように感じてしまいます。

電池持ちは圧倒的。

次に基礎スペックを確認したいと思います。ちなみに手持ちにある「Galaxy S20 Ultra」は「韓国版」で「Huawei Mate 30 Pro」は「中国版」になります。

 S20 UltraMate 30 Pro
OSAndroid10
SoCSnapdragon865Kirin990
RAM/ROM12GB/256GB8GB/128GB
防水/防塵IP68
生体認証顔(2D)/指紋(超音波式)顔(3D)/指紋(光学式)
バッテリー5000mAh4500mAh
充電速度最大45W最大40W
イヤホンジャック非対応

基礎スペックで比較すると、「Galaxy S20 Ultra」の方が上です。ただ自分の使い方であれば「RAM8GB」でも十分満足しており、「RAM12GB」あると余裕があるって感じです。

生体認証に関しては、「3D顔認証」に対応している「Huawei Mate 30 Pro」の方が「Galaxy S20 Ultra」より認証速度が速く感じます。また「3D」に対応しているので「認証精度」も上です。

一方で「指紋認証」に関しては「Galaxy S20 Ultra」の方が「認証速度」が早く感じます。「Huawei Mate 30 Pro」より少しだけ「指」をあてる時間が短くても「認証」できるって感じです。

ただ個人的には「超音波式」だろうと「光学式」だろうと、正直満足していません。なのでより「顔認証」において、「認証速度」に「認証精度」が高い「Huawei Mate 30 Pro」に「アドバンテージ」があるように感じます。

スピーカーに関しては、「Galaxy S20 Ultra」の方が「音量」が高く、さらに音が「透き通る」感じがします。そして「電池持ち」に関しては、手持ちの「Huawei Mate 30 Pro」が「4G」モデルということもあるかもしれませんが「Huawei Mate 30 Pro」の方が明らかに「電池持ち」がいいです。

体感的に「Galaxy S20 Ultra」より「Huawei Mate 30 Pro」の方が「1割」程度電池持ちが良く感じます。もちろん「Huawei Mate 30 Pro」の方が「ディスプレイサイズ」が小さく、表示解像度が「FHD+」にしか対応していないなどデメリットと捉えられる面もありますが。

「カメラ」を比較してみた。

(上記の画像は右にスライドさせることができます)

「Galaxy S20 Ultra」の「ズーム」機能を試してみました。やはり「10倍」までは綺麗です。ちなみに「10倍」以上は単純に「クロップ」させているだけなので、画質は倍率をあげればあげるほど劣化します。

次に「Huawei Mate 30 Pro」で「Galaxy S20 Ultra」と同じ倍率に設定して撮影してみました。個人的な印象としては、「Galaxy S20 Ultra」は「10倍」以下は綺麗ですが、「30倍」になると「Huawei Mate 30 Pro」の方が綺麗に感じます。

「Huawei Mate 30 Pro」が「マクロ撮影」に対応していることもあり、「Galaxy S20 Ultra」より近接しても「ポートレートモード」で綺麗に撮影することができます。

また「Galaxy S20 Ultra」は「オートフォーカス」機能に不具合が発生しているのか、「フォーカス」させるのが非常に難しいです。

「画質」に関しては「Galaxy S20 Ultra」が色の強調が激しい。「Huawei Mate 30 Pro」もバリバリ加工するタイプですが、「Galaxy S20 Ultra」の場合、色のバランスがおかしく感じてしまいます。

今後「Galaxy S20 Ultra」はアップデートによって改善する可能性がありますが、現時点では「Huawei Mate 30 Pro」にアドバンテージがあるように感じます。

まとめ

実際比較して思ったのが「Galaxy S20 Ultra」より「Huawei Mate 30 Pro」の方が満足度が高いこと。それこそ「Galaxy S20 Ultra」のような「100倍ズーム」や「108MP」など面白機能は搭載されていません。

ただどちらがおすすめかと聞かれれば間違いなく「Huawei Mate 30 Pro」をおすすめします。「Galaxy S20 Ultra」はSamsungの挑戦的な意味合いが強い端末なので、逆に「完成度」という意味では低いのかもしれません。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG