「Huawei」が「App Gallery」の開発に本気。アプリで発生した収益「100%」が開発者に支払われる

先日の情報からも、「Huawei」は今後「エンティティリスト」から解除されたとしても、自社製品に「Googleアプリ」(GMS)」を搭載することにあまり積極的ではないことを明らかにしています。詳細は「「悲報」。「Huawei」が「P40」含め今後「Googleアプリ」を搭載しないことを明らかに」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google」はアメリカ政府に「Huawei」の取引再開を申請していることが明らかになっており、「Microsoft」がすでに取引再開していることからも、今後「Google」も取引再開する可能性があると期待されています。

詳細は「状況が一転。「Huawei P40 Pro」など今後「Googleアプリ」を復活する可能性」をご参照下さい。さて今回GSM Arenaによると「Huawei」が「App Gallery」において「アプリ開発者」に破格の条件を定時していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

収益の「100%」を提示。

さて今回の情報によると、「Huawei」は「App Gallery」のアプリ開発者に対して以上の条件で収益を支払うことが判明しました。「アプリ」のカテゴリーにもよりますが、最初の一年目は最大で「100%」の収益を受け取ることができ、「3年目」からは標準の料金になるとしています。

ちなみに「Google Play Store」と同じくアプリ開発者が受け取る「報酬」はおなじく「30%」だとしています。少なくとも「App Gallery」の開発に「Huawei」は本気だと考えることができます。日本市場版においても「LINE」などに対応しており、今後「Facebook」や「Instagram」などに対応する可能性が高いと予測されていることからも、「Google Play Store」がなくてもどうにかなるかもしれませんね。

「3月16日」のイベントにおいて新製品の発表はもちろん「App Gallery」においても具体的な発表があるかもしれません。詳細は「「3月16日」に「Huawei」が日本でイベント開催。「Huawei Mate 30 Pro/5G」と「Huawei Mate Xs」を正式発表に?」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG