「Galaxy S20 Ultra」。本体の「耐久性」に難ありの可能性

先日の情報からも、「本体価格」が高いことからも、「生産」を抑制していた可能性がある「Galaxy S20 Ultra」ですが、「Samsung」の想定を超える販売状況となっており、早くも「供給不足」になっている可能性が高いと予測されています。

詳細は「圧倒的な人気に?「Galaxy S20 Ultra」はすでに「品薄」の状態に」をご参照下さい。また先日には「Galaxy S20 Ultra」を購入し「開封」した上で「ファーストインプレッション」をまとめたのでよければご覧ください。

詳細は「[開封レビュー] 108MP/100倍ズーム「Galaxy S20 Ultra」を購入したのでファーストインプレ」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、「Galaxy S20 Ultra」の耐久性は問題あると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「本体」の耐久性に難あり。

さて今回CNETが「Galaxy S20 Ultra」の「落下テスト」の結果を「YouTube」で公開したことが判明したとしています。実際に上記の動画を見て頂いた方がわかりやすいと思います。今回の動画を確認すると、「Galaxy S20 Ultra」が最も耐久性が高いのは「カメラモジュール」だとしています。

「Galaxy S20 Ultra」は「Galaxy S20」や「Galaxy S20+」と異なり「Gorilla Glass 6」を採用していますが、それでも「耐久性」はイマイチ。このことを考えると「Gorilla Glass 5」を採用している「Galaxy S20」や「Galaxy S20+」の方も「耐久性」にあまり期待できないと考えることができます。

少なくとも「Galaxy S20 Ultra」は「カメラ」の出っ張りが凄いので、「ケース」をつけることをおすすめします。「ケース」をつけていれば仮に落とした場合でも、多少は壊れにくくなってきますが、「ケース」なしで使う予定の人は、「Gorilla Glass 6」に対応しているからと言って油断して使うと痛い目をみるかもしれません。続報に期待しましょう。

YouTubeはじめました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG