「Galaxy Z Flip」。「au」より日本市場で発売「開始」

先日の情報からも、「先行発売」している「アメリカ」や「韓国」において「Galaxy Z Flip」は「即日」完売していることが判明しており、「Galaxy Fold」より入荷量が多いことを考えるとかなり反響が高いと考えることができます。

詳細は「「日本」でのリアクションが楽しみ。「Galaxy Z Flip」が「アメリカ」で即日「完売」」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、国内において「Galaxy Z Flip」の発売日初日入荷分は完売したことを「au」がアナウンスしていることが判明しています。

詳細は「au版「Galaxy Z Flip」初回入荷分「完売」。2月25日以前に予約した場合「発売日」入手可能に」をご参照下さい。さて「2月28日」より「au」より「Galaxy Z Flip」が国内でも発売を開始したので簡単にまとめたいと思います。

「Galaxy Z Flip」が発売開始。

いよいよ「2月28日」より「Galaxy Z Flip」の販売が開始されます。「Galaxy Fold」の時と異なり、「Galaxy Z Flip」は「台数限定モデル」ではないため「au」が予約状況を公開したとも考えることができ、一方で「au」もかなり力を入れていると考えることができます。

「クラムシェルデザイン」を採用し、「コンパクト」な本体サイズ。さらに「無段階調整」が可能なヒンジに「UTG」を採用したことが大きな特徴です。ただ本体価格は約「18万円」とかなり高いです。そして注意点もあります。

注意点
「5G」に対応していない
「防水/防塵」や「おサイフケータイ」など国内独自仕様に対応していない
Snapdragon855+を採用など決して最新のスペックではない

Samsungは価格含めたトータルバランスを考えた上で決して最新のスペックを搭載している機種ではありません。それこそ「スペック」的に見れば「春モデル」として登場する可能性が高い「Galaxy S20」シリーズの方が満足度が高いと思います。

また海外の情報を調べている限り、「1週間~10日」くらいの頻度で入荷していることが判明しています。つまり「初回在庫」を逃しても「3月10日」前後には2回目の入荷があると考えることができます。全国発売となっていますが、おそらく店舗でフリー在庫を持つことはあまり期待できません。

なので購入を考えている人は「予約」するようにしましょう。正直「Galaxy Z Flip」は価格に見合った価値があるとは思いません。なので実際に使ってみて確かめてみたいと思います。

YouTubeはじめました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG