「Xperia 1」より増えた。「Xperia 1II」は「SONY製」カメラセンサーを「2/4」の搭載に

先日にSONYは「ライブストリーミング」を配信し、「Xperia 1II」に「Xperia 10II」そして開発機である「Xperia Pro」を発表し、「Xperia L4」を含めて合計4つの新型「Xperia」が登場したことになります。詳細は「「Xperia」の復活。SONYが「Xperia 1Ⅱ」と「Xperia 10Ⅱ」を正式発表。そして「Xperia Pro」も」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1II」の「アメリカ」市場における価格が判明しており、約「12万円」であることが判明しており、そこまで極端に高価格化していないと考えることができます。詳細は「遅くても「5月上旬」に発売。「Xperia 1II」の本体価格は「12万円」に」をご参照下さい。

さて今回「SONY」の公式ホームページから「Xperia 1II」は「SONY製」のカメラセンサーを「2つ」搭載していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「SONY」製「カメラセンサー」。

さて上記の画像はSONYの公式「ホームページ」における「Xperia 1II」の製品ページの一部になります。ちなみに「SONY」製のカメラセンサーは「Exmor RS」の表記がされます。なので「Xperia 1II」は「超広角レンズ」と「標準レンズ」が「SONY」製を採用していると考えることができます。

「Xperia 1」の時は「標準カメラ」のみが「SONY」製を採用しており、「インカメラ」を含めて、それ以外のセンサーは「Samsung」製を採用していました。今回も「望遠レンズ」と「インカメラ」に関しては表記がありませんが、おそらく「Samsung」製を採用している可能性が考えられます。

そして「TOFセンサー」に関しては、おそらく「Sony」製を採用していると考えることができます。全ての「カメラセンサー」が「SONY製」ではないですけど、その採用数が増えたということは「原価」もかなり上がっていると考えることができます。

となると「12万円」程度に収まっていることを考えれば、SONYもかなり頑張っていると考えることができます。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG