夢物語?「Huawei」は「Googleアプリ」(GMS)を「HMS」で凌駕したいみたい

先日の情報からも、「Huawei」は今後「エンティティリスト」から解除されたとしても、「Googleアプリ」を採用する可能性が低いことを明らかにしており、今後「Huawei」製品から「Android」や「Googleアプリ」が完全に排除される可能性があると予測されています。

詳細は「「悲報」。「Huawei」が「P40」含め今後「Googleアプリ」を搭載しないことを明らかに」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、日本国内での「認証」を通過していることが判明しており、「Huawei Mate 30 Pro/5G」が国内で販売される可能性が高いと予測されています。

詳細は「「認証」通過。「Huawei Mate 30 Pro/5G」日本市場で発売される可能性大」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、「Huawei」は「Googleアプリ」(GMS)を凌駕するために最善を尽くしていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「GMS」を凌駕する。

先日の情報からも、「Huawei」は「2月24日」にイベントを開催し、「HMS」を「グローバル市場」向けとして初めて正式発表すると予測されています。詳細は「「Googleアプリ」とバイバイ。「Huawei」2月24日に「HMS」を「グローバル市場」で正式発表」をご参照下さい。

その上で今回の情報によると、「Huawei」は「GMS」を凌駕したいことを明らかにして、まもなく登場する新製品達が最初の一歩になることを明らかにしたとしています。つまり「Huawei P40」シリーズなどは「HMS」にかなり力を入れていると考えることができます。

ちなみに「App gallery」のユーザー数は「400万人」程度、そのアプリ数は「5万5000円」となっており、「Play Store」と比較するとその差はあまりにもありすぎます。特に「アプリ」の数においては致命的ですよね。

なので今後「Huawei」はいかにアプリを強化していくことができるか重要になっています。それこそ「Google」と同じ期間をかけてアプリを強化しているようであれば、正直凌駕することは無理です。いかに短期間で大幅に強化することができるかが重要になります。

国内で「Huawei Mate 30 Pro/5G」が発売される場合、どれだけ「アプリ」が充実しているかが大きな鍵になりそうですよね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG