「Huawei」に致命的なダメージ。コロナウイルスの影響で「2020年第1四半期」の販売台数は最大「半減」

先日の情報からも、「Huawei」は今後「エンティティリスト」が解除されたとしても、「Google アプリ」(GMS)を採用する予定はないことを明らかにしており、「Huawei P40」シリーズ含めて今後「Googleアプリ」に対応する可能性は低いと考えることができます。

詳細は「「悲報」。「Huawei」が「P40」含め今後「Googleアプリ」を搭載しないことを明らかに」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「コロナウイルス」の影響で「Huawei P40」シリーズの発売に大きく影響が出る可能性が高いと予測されています。

詳細は「もろに「影響」が。「Huawei P40 Pro」は「コロナウイルス」の影響で発売に遅れが発生する可能性」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、「中国市場」における「2020年第1四半期」の販売台数は「コロナウイルス」の影響で最大「半減」する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

かなりの「ダメージ」

少なくとも「中国」においては「5G」が急速に成長しており、「中国市場」の成長が長く低迷している「グローバル市場」における「スマートフォン」の販売台数を上向きにする可能性があると予測されていました。

ただ「コロナウイルス」の影響で、「中国」の製造業に大きなダメージを与えており、その結果「5G」の成長にもダメージを与える可能性が高いとしています。また多くのメーカーが「イベント」を開催していないことからも、新製品の「発売」キャンセルや「発売延期」にもつながっているとしています。

このことからも、「2020年第1四半期」の中国市場の販売台数は「30~50%」程度低下する可能性があるとしています。「中国市場」の衰退で最もダメージを受けるのは「中国市場」で急成長をしている「Huawei」になります。

少なくとも「Huawei」は「2019年末」から成長が鈍化していることが明らかになっており、さらに「コロナウイルス」の影響でさらに「成長」が鈍化する可能性が高いと考えることができます。「Huawei」にとっては、まさに厳しい「年始」になりそうですよね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG