「Google Pixel 4」販売不振。「2019年第4四半期」で「ハード部門」の売上が低下

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズに「アプリ」が表示されない「バグ」やさらに「顔認証」が起動できない「不具合」が発生していることが明らかになっています。詳細は「「Google Pixel 4」。今度は「顔認証」を起動できない不具合が発生に」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、迅速な「アップデート」が特徴である「Google Pixel」シリーズですが、「1月」に「2月」と、先にSamsungがアップデートを配信していることが明らかになっています。詳細は「また「Google Pixel 4」より早く。「Galaxy Note10」に「2月」のアップデート「配信」開始」をご参照下さい。

さて今回9To5Googleによると、「Google」が「2019年第4四半期」の決算を発表し、「ハード」部門の売上が低下していることを明らかにしたと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「ハード部門」の売上低下。

さて今回「Google」の親会社である「alphabet」が「2019年第4四半期」においての決算内容を発表し、「ホリデーシーズン」にも関わらず「ハード部門」の売上が低下していることが明らかになったとしています。少なくとも同社によると、「Nest Mini」「Nest Hub Max」はよく売れたとしています。

一方で「スマートフォン」に関しては「Google Pixel 3a」シリーズがよく売れたことを明らかにした一方で「Google Pixel 4」シリーズに関しては一切言及しなかったとしています。また同社の発表によると、「YouTube」と「Google Play」の収益が成長し、「10%」程度改善したとしています。

ただ「ハード」部門の売上低下により、結果的には「サービス」の増加分が相殺されたことを明らかにしています。なので「Google Pixel 4」シリーズはかなり足を引っ張っていると考えることができます。少なくとも一切言及しなかったことを考えると、「販売不振」だっとと考えることができます。

「Google Pixel 3」シリーズと比較すれば「Google Pixel 4」シリーズは「コスパ」含めてかなり改善されていますが、「Google Pixel 3a」シリーズと最強のコスパスマホがいるからこそ、人気が「Google Pixel 3a」シリーズに集中してしまう。

結果「ハイエンドモデル」が売れにくいという状況になっているのかもしれません。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG