「Xperia」がようやく報われる。「iPhone 9 Plus」は「Touch ID」を「電源ボタン」に統合へ

先日の情報からも、「Apple」は「2020年」に「iPhone 9」シリーズ。そして「iPhone 12」シリーズ。そして最上位モデルである「iPhone 12 Pro」シリーズを正式に発表すると予測されています。詳細は「「Android」に対抗。「Apple」は「2020年」iPhone 9含め「6つ」の新型「iPhone」を正式に発表する可能性」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「2020年」に「iPhone 9 Plus」は正式発表されず、結局「5つ」の新型「iPhone」が正式発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「「iPhone SE2+」の存在も?2020年Appleは新型「iPhone」を5つ発表に。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「iPhone 9 Plus」は「2021年」に登場し、「フルスクリーンデザイン」を採用する可能性が高いことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Xperia」が報われる。

さて今回の情報によると、Apple関連の情報に精通しているMing Chi-Kuo氏によると、「Apple」は「iPhone 9」の大型モデルである「iPhone 9 Plus」を「2021年」に正式発表する可能性が高いと報告しています。

少なくとも事前情報では「iPhone 9 Plus」は「5.5インチ」もしくは「6.1インチ」の「液晶」を搭載するとしています。また今回の情報によると、「コストカット」のために「iPhone XR」の筐体を利用する可能性が高いとしています。つまり「6.1インチ」程度になる可能性が高いと考えることができます。

また「Face ID」を搭載する可能性は低い一方で、「Touch ID」を搭載すると予測されていますが、従来の「iPhone 8」など「Touch ID」搭載機種と大きく異なるのは「Touch ID」を「電源ボタン」に統合する可能性があること。

そして「フロント部分」から「Touch ID」がなくなり、「フルスクリーンデザイン」を採用する可能性があるとしています。今回の情報で一つ思うのは「Xperia」がようやく報われること。「アメリカ」で発売された「Xperia Z5」シリーズ〜「Xperia XZ1」シリーズは「指紋認証」が無効化されていました。

その理由はAppleが「電源ボタン」と「指紋認証」統合に関する特許を申請していたから。つまり「グローバル」モデルと同様に「指紋認証」を使う場合は「Apple」に特許料を払う必要性があり、その結果無効化されていました。

一方で「Apple」の機種に「電源ボタン」に「指紋認証」が統合されている機種は存在しません。だからこそ今回の情報が正しければ「Xperia」がようやく報われることになります。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG