「悲報」。「Huawei」が「P40」含め今後「Googleアプリ」を搭載しないことを明らかに

先日の情報からも、「Huawei」は「2019年」に「5G」対応機種を「690万台」以上出荷していることを明らかにしており、世界トップシェアとされていた「Samsung」の出荷台数を上回っていることが明らかになっています。

詳細は「「5G」の王者は「Huawei」に。「2019年」Samsungを超える「690万台」を出荷へ」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Huawei」は今後「Googleアプリ」非対応でありながらも、「グローバル市場」でより積極的に販売していくことが明らかになっています。

詳細は「「ヨーロッパ」でも発売に。「MWC2020」でよりデザインにヒンジが改良された「Huawei Mate Xs」が発表に」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると「Huawei」は今後「GMS」を搭載する可能性はかなり低いことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Googleアプリ」搭載は期待できず。

さて今回の情報によると、「Huawei」の「Fred Wangfei」氏が、「WinFuture」のインタビューにおいて、今後「エンティティリスト」が解除され、再び「Google」と取引を再開することが可能になったとしても、「GMS」を採用することはないことを明らかにしています。

つまり今後情勢が好転しても、「Huawei」の機種に「Googleアプリ」が搭載される可能性は低いと考えることができます。一方で「Huawei」は独自OSである「Harmony OS」に「HMS」の開発を急速に進めています。

なので当面は「Android」の「オープンソース」をベースとして「EMUI」を採用していくと考えることができますが、「Harmony OS」がある程度完成すれば、「Android」から切り替える可能性が高いと考えることができます。

正直これは「Google」にとっても大きな痛手ですよね。世界「2位」のシェアを誇るメーカーが「Google」関連のサービスを一切使うことがなくなると考えることができるので。少なくとも現状では「Huawei Mate 30」シリーズに「Googleアプリ」をインストールする方法が明らかになっています。

今後もこの抜け道は良くも悪くも用意されそうですよね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG