考え方次第。「Xperia 5」は「ハイエンド」で最も「安く」購入できる最後の機種に?

先日の情報からも、「2020年」に「SONY」は最低でも「ハイエンドモデル」を「2機種」正式発表する可能性が高いと予測されており、「Xperia 1」と「Xperia 5」の後継機種になると考えることができます。詳細は「「Xperia 0」は存在せず?「2020年」に発表される「ハイエンドXperia」は「2機種」のみに?」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、今年は「5G」に力を入れていくことをSONYの関係者が明らかにしており、少なくとも「ハイエンドモデル」に関しては「5G」に対応していると考えることができます。詳細は「高価格化が進む?次期「Xperia」は「5G」のデュアルバンドに対応している可能性」をご参照下さい。

さて今回ePriceによると、「Xperia 5」は「4G」に対応した最後の「ハイエンドモデル」になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「安く」購入できる最後の機種に?

さて今回の情報によると、「Xperia 5」は「4G」に対応した最後の「ハイエンドXperia」になる可能性があるとしています。ただこれは冷静に考えれば、今年登場する「Xperia」が「5G」に対応することを考えると当たり前の流れになると考えることができます。

そして「Xperia 5」のアドバンテージの一つとしては「本体価格」になります。「ハイエンドモデル」であること。そして同時期に発売された「Galaxy Note10+」や「Google Pixel 4 XL」などと比較すると安いですよね。

一方で先日の情報からも、次期「Xperia」は「Xperia XZ2 premium」の時と同じく「$1000」近い価格設定になると予測されています。詳細は「有名リーカーが示唆。やはり次期「Xperia」は「4K OLED HDR」に対応へ」をご参照下さい。

少なくとも「5G」に対応すること。そして「スペック」が強化されることを考えると、「Xperia 5」の後継機種は「Xperia 5」より高価格化する可能性が高いと考えることができます。つまり「ハイエンド」の「Xperia」をこの程度で購入できるのは「Xperia 5」が最後になる可能性が高いと考えることができます。

次期「Xperia」は逆に高価格化して、「Galaxy」や「Huawei」の機種と同程度の価格設定になってしまうと、そのスペックからもさらに厳しい状況に追い込まれそうですよね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG