「Googleアプリ」復活の可能性はもう期待できない。アメリカが「Huawei」への規制をより強化に

先日の情報からも、「Huawei」は「Huawei Mate X」もしくは「Huawei Mate Xs」を今後「ヨーロッパ」で発売していく可能性があることを示唆しています。詳細は「「ヨーロッパ」でも発売に。「MWC2020」でよりデザインにヒンジが改良された「Huawei Mate Xs」が発表に」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei P40」シリーズに関しては、「Googleアプリ」を搭載する可能性が低いとされていますが、それでも「ヨーロッパ」では積極的に販売していくことを明らかにしています。詳細は「「Huawei P40 Pro」も。「Huawei」は「Googleアプリ」の搭載を諦めた?」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「アメリカ」は「Huawei」への規制をより強化することを明らかにしたことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Huawei」の規制を強化に。

さて今回の情報によると、「Huawei」に対して「アメリカ」は取引の規制をより強化するとしています。ただ「Huawei」としては、「Google」以外のサプライヤーのほとんどは「アメリカ」以外の企業に発注していることが明らかになっています。

少なくとも今回の情報によると、「アメリカ」の中でも意見が分かれており、「Huawei」を必要以上に締め出しすることは、「アメリカ」企業の利益を失うこと。そして「技術」の前進に影響を及ぼす可能性があることからも、「アメリカ」の利益を損なう可能性があるとされています。

少なくとも「アメリカ」は「Huawei」を「エンティティリスト」に追加し、「中国」の動きを伺っていますが、結果的に「Huawei」にはそこまでのダメージを与えられていません。だからこそより「締め出し」を強くしようと考えることができます。

「Huawei」はほぼアメリカに依存しない「マーケティング」を確立されていることからも、今後「Google」にも頼ることがなくなる。つまり「Googleアプリ」が搭載される可能性は低いと考えることができます。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG