「Huawei」。早ければ「2020年末」までに「1万6000円」程度の「5G」対応機種を発表に?

先日の情報からも、「Huawei」は最高級モデルである「Huawei Mate X」の派生モデルである「Huawei Mate Xs」は生産工程が改善していることからも、「Huawei Mate X」より安くなる可能性があると予測されています。

詳細は「より「小型」になる可能性。「Huawei Mate Xs」は「Huawei Mate X」より安くなる可能性」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Huawei」は「Googleアプリ」非搭載の状態でも、今後「ヨーロッパ」で積極的に販売していくことを明らかにしています。

詳細は「「ヨーロッパ」でも発売に。「MWC2020」でよりデザインにヒンジが改良された「Huawei Mate Xs」が発表に」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、「Huawei」は今後「$150」程度の「5G対応機種」を発売する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「激安」の「5G対応機種」。

少なくとも先日の情報からも、「Huawei」は「ハイエンドモデル」である「Huawei P40」シリーズにおいて、最上位モデルである「Huawei P40 Pro」に「premium Editoin」を追加する可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Huawei P40 Pro」の「セラミック」モデル。「公式プレス画像」がリーク」をご参照下さい。つまり「ハイエンドモデル」に関しては、より高価格帯モデルが追加になると考えることができます。

そして今回の情報によると、「Huawei」は「2020年末」から「2021年」にかけて「$150」以下の「5G」対応機種を発表することを明らかにしたとしています。現状だと「ハイエンドモデル」が「5G」に対応していますが、一部「ミドルレンジモデル」も対応し始めてきています。

一方で「5G」対応機種で最も安い価格設定は「$300」程度で十分に安いのですが、今回の情報が正しければ、その半額程度で「5G」対応機種を購入することができるようになると考えることができます。まあ「エントリーモデル」も今年は「5G」対応が進むと考えることができます。

先日の情報からも、「Huawei」は「2019年」に「5G」対応機種を「690万台」以上出荷していることを明らかにしており、今年はどこまでその出荷台数を増やすことができるのか。また「シェア」を拡大できるのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG