「Huawei Mate X」。最大の「デメリット」は「壊れやすさ」に

先日の情報からも、「Huawei Mate X」は「1ヶ月」で約「10万台」以上売れていることが判明しており、「発売」から約「2ヶ月」経過していることからも、「20万台」以上売れていると考えることができます。詳細は「約「30万円」で。「Huawei Mate X」は1ヶ月で約「10万台」販売に」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei Mate X」は「氷点下」の温度になると、「折り曲げる」ことが推奨されていないことが判明しており、ユーザーの使用環境によっては、かなり使用が限定されると考えることができます。

詳細は「「冬」使うのは推奨しない。「Huawei Mate X」の耐久性「寒さ」にも弱い」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、「Huawei Mate X」はやはり「耐久性」に問題があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「耐久性」に問題あり?

今回の情報によると、「Huawei Mate X」の「ディスプレイ」は耐久性に問題があると報告しています。あくまでも一例に過ぎませんが、上記の動画は「Huawei Mate X」の「ディスプレイ」が破損したものになります。

ただ何故ディスプレイが破損したのかは判然としません。「Galaxy Fold」のように「ヒンジ」部分が原因になったのか。ただ「Galaxy Fold」は「折りたたんだ」際に「メインディスプレイ」は内側に入るため、持ち運んでいる場合は「保護」しやすいです。

一方で「Huawei Mate X」は「折りたたんだ」際においても「ディスプレイ」が保護されることはありません。このことからも、「Huawei Mate X」の方が「ディスプレイ」を保護するという意味では難しい形状になっています。

また先日の情報からも、「Huawei Mate X」の「ディスプレイ」の修理代は約「11万円」であることが判明しています。詳細は「「iPhone 11 Pro」が買える。「Huawei Mate X」ディスプレイの修理代「10万円」」をご参照下さい。

「Huawei Mate Xs」では改良された「ヒンジ」が採用されると予測されていますが、「ヒンジ」も「故障」の原因の一つになっている可能性が高く、また「ディスプレイ」の耐久性においてはどう改善されるのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG