より「小型」になる可能性。「Huawei Mate Xs」は「Huawei Mate X」より安くなる可能性

先日の情報からも、「Huawei」は「Huawei Mate X」を月に「10万台」以上販売していることを明らかにしており、発売から約「2ヶ月」経過していることからも「Huawei Mate X」は「20万台」程度すでに売れている可能性が高いと予測されています。

詳細は「約「30万円」で。「Huawei Mate X」は1ヶ月で約「10万台」販売に」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Huawei」は「Kirin990 5G」を搭載した「Huawei Mate Xs」を「2020年3月」に正式発表する可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Huawei」は「2020年」に「Huawei Mate Xs」と「Huawei Mate X2」の2つの機種を発表に」をご参照下さい。さて今回GSM Arenaによると「Huawei Mate Xs」は「Huawei Mate X」より安くなる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

より「小型」される可能性。

さて今回の情報によると、事前情報通り「ヒンジ部分」や「ディスプレイ」部分の耐久性が改善される可能性が高いとしています。さらに同じディスプレイサイズを搭載しながらも、「Huawei Mate X」より「Huawei Mate Xs」の方が本体サイズが小さくなる可能性が高いとしています。

また「Huawei Mate X」の本体価格が「高価格」である要因の一つとして、生産状況の悪さが考えられますが、生産効率が大幅に改善していることからも、「Huawei Mate X」より「Huawei Mate Xs」の方が本体価格が安くなる可能性が高く、強化モデルが安くなるという逆転現象が起きると考えることができます。

先日の情報からも、「Huawei Mate Xs」は「ヨーロッパ」でも積極的に販売していくことを明らかにしています。詳細は「「ヨーロッパ」でも発売に。「MWC2020」でよりデザインにヒンジが改良された「Huawei Mate Xs」が発表に」をご参照下さい。

やはり「Googleアプリ」の搭載は期待できませんが、それでもほしいとも思うユーザーは一定数いると考えることができます。ぜひ日本でも発売してほしいですよね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG