「Google Pixel 4」。シンプルな「デザイン」に「スペック」だからこそ「シンプル」な「使い方」がおすすめ

先日には「Google Pixel 4 XL」を使ってみて、「Google Pixel 3」シリーズより「Google Pixel 3a」シリーズの方がおすすめの理由をまとめたので「「Pixel 4」を使ってみて。「Google Pixel 3」より「Google Pixel 3a」がおすすめな理由」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google Pixel 4a」シリーズは「Google Pixel 3a」シリーズより大きな進化を期待することはできず、やはり「Google Pixel 5」シリーズの登場までは、「Google Pixel 4」シリーズが圧倒的な存在だと考えることができます。

詳細は「「Google Pixel 3a」から大きな進化は期待できない。「Google Pixel 4a」スペック/デザインまとめ」をご参照下さい。さて今回「Google Pixel 4 XL」を2ヶ月使ってみて、「シンプル」な使い方をすれば非常に満足度が高いと思うので簡単にまとめたいと思います。

「Pixel 4」のデメリット。

まずよく言われる「Google Pixel 4」シリーズの「デメリット」について簡単にまとめると以下のようになります。

「Google Pixel 4」シリーズのデメリット
「電池持ち」が悪い
超広角レンズを搭載していない/4K60fpsの撮影に対応していない
SDカード非対応/ROM最大128GB
「Motion Sense」の汎用性が低い

少なくとも「デザイン」に関しては、あまり「否定的」な意見はなく、むしろ「ホワイト」と「オレンジ」に関しては「マットガラス」を採用し、さらに「シンプル」なデザインを採用していることからも高評価を獲得しています。

一方で先日の情報からも、「Google」は「Google Pixel 4」シリーズを「80%ルール」に基づいて開発していることが判明しています。詳細は「「Google Pixel 4」の評価が低い理由。それは「80%」の人々を満足するために開発されたから。」をご参照下さい。

つまり「80%」のユーザーが満足に使用できることを目標しとしています。この考え方を逆に考えると、「Google」はユーザーにシンプルな使い方をしてほしいと考えているのかもしれません。

多くのユーザーが満足するスペック。

例えば、一般のユーザーは「ビデオ」機能を使うことがあっても、「4K」を使うことはそうそうありません。まして「4K60fps」となると尚更です。それこそ「iPhone 11 Pro」シリーズが全ての画角で「4K/60fps」で撮影することができますが、それを意識して使っているユーザーはほとんどいません。

さらに「スマホ」のビデオで長時間撮影するのは一部限られたユーザーのみですよね。多くのユーザーは短時間の撮影しか行いません。またストレージに関しても多くのユーザーは「128GB」程度で十分だと考えていることが判明しています。

例えばSamsungは「Galaxy Note10」シリーズで「ベースモデル」を「256GB」に増強しましたが、「Galaxy S10+」のときは、最大「1TB」のオプションを用意しても結局一番売れたのは「128GB」モデルであることが判明しています。

また日本市場で見れば、人気が高い「iPhone」で最も売れるのは「64GB」です。これは日本に限った話ではなく、多くの地域においては「64GB」もしくは「128GB」で十分だと考えているユーザーが多いのが現状です。

だからこそ、「コスト」をあげるのを避けるためにも「128GB」以上のストレージオプションを用意しないと考えることができます。なので、短時間のビデオ撮影や、ゲームに動画の視聴など、多くのユーザーの使い方の満足度が最大限になるように開発されていると考えることができます。

シンプルな使い方がおすすめ。

「カメラ」で写真/動画を撮影する。音楽を聴く。ゲームをする。動画を視聴するなど、シンプルな使い方であれば、「Huawei」や「Galaxy」はオーバースペックだと考えることができます。ただ「Google Pixel 4」シリーズの電池持ちだけは頂けないです。

どんなにシンプルな使い方をしても、1日持たない人の方が多いと考えることができます。ここだけは残念ですが、「Google Pixel 4」シリーズはユーザーから多くのニーズがある「カメラ」にはしっかりと力を入れており、トップクラスの「ポートレートモード撮影」に加え、さらに「トレンド」の「ナイトモード」もしっかり強化。

そして「天体写真モード」も対応しています。ユーザーがどのように使うかと考えた時に、できるだけシンプルに考える。その上でユーザーが必要とする機能を最大限高めていると考えることができ、それが「カメラ」であり、最高評価を獲得している「ディスプレイ」だと考えることができます。

実際に自分自身の使い方としても、「カメラ」と「連絡」と割り切っているため非常に満足度が高いです。あれこれもと求めるのであれば間違いなく「Galaxy」や「Huawei」の方がおすすめですが、自分の使い方が明確化されているユーザーこそ、「Google Pixel 4」シリーズはおすすめだと考えることができます。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG