次期「Xperia」。イヤホンジャック搭載で「バッテリーサイズ」が減少する可能性も

先日の情報からも、「2月」に開催される「MWC2020」において、SONYは次期「Xperia」を正式発表する可能性が高いと予測されており、さらに「4K OLED HDR」を搭載している可能性が高いと予測されています。

詳細は「有名リーカーが示唆。やはり次期「Xperia」は「4K OLED HDR」に対応へ」をご参照下さい。また先日には、「グローバルモデル」か判然としませんが、「Xperia 5 Plus」の「CAD」を元に作成されたレンダリング画像が公開されており「イヤホンジャック」が復活していることを確認することができます。

詳細は「コンパクトモデルは消滅?次期Xperiaの確定的「デザイン」がついに判明」をご参照下さい。さて今回Xperia関連の情報に精通しているZackbuks氏が「イヤホンジャック」の搭載について興味深い言及をしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「バッテリーサイズ」が減少する可能性も。

さて今回同氏は以下のように投稿していることが明らかになりました。

在不增加机身厚度的情况下,旗舰手机加回 3.5mm 耳机孔
对你们来说会是选购时的加分项吗?

「本体」の厚みを増すことなく「イヤホンジャック」を搭載している。「イヤホンジャック」を搭載していることは購入する動機になりますか?と投稿しています。気になるのは「本体」の厚みを変えずというところ。

今回同氏が言及しているのは、先日リークした「Xperia 5 Plus」のことなのか、それ以外の機種のことを指しているのか判然としません。ただ仮に「Xperia 5 Plus」のことを指しているのであれば、「Xperia 5 Plus」と「Xperia 1」の本体サイズはほぼ一緒です。

つまり搭載できる「バッテリーサイズ」もそこまで大きく変更できる可能性は低いと考えることができます。また先日の情報からもSamsungは「イヤホンジャック」を搭載しているか否かで「100mAh」程度バッテリーサイズに影響が出るとしています。

つまり「Xperia 5 Plus」は「Xperia 1」よりわずかに大きな「本体サイズ」で、「カメラ」の搭載位置からも内部スペースを「Xperia 1」より確保できると考えることができる中、「イヤホンジャック」を搭載することで、下手したら搭載している「バッテリーサイズ」はほぼ一緒。もしくは減少する可能性も考えられます。

また詳細は判然としませんが、「5G」にでも対応していれば、少なくとも「電池持ち」は期待できないと考えることができます。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG