「Galaxy Note10」の最も残念な機能「3Dスキャン」がアップデートにより改善へ

先日の情報からも、Samsungは「Galaxy S10」シリーズへ。そして「Galaxy Note10」シリーズに対して「Android 10」の配信を開始しています。詳細は「「SIMフリー」ならチェックしてみて。「Galaxy Note10+」に「Android10」の配信開始」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy Note 9」に対しても「Android 10」の配信が開始しており、この「Galaxy Note 9」へ配信された「Android10」の内部コードから次期「Galaxy S20」シリーズの様々なヒントが見つかっています。

詳細は「順調に配信へ。「Galaxy Note 9」に「Android 10」配信開始」をご参照下さい。さて今回SamMobileによると、「Galaxy Note10」シリーズが搭載している「3Dスキャン」機能は今後アップデートで大幅に改善されることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「3Dスキャン」が改善に。

さて「Galaxy Note10」で搭載された「3Dスキャン」機能ですが、この機能は「TOFセンサー」を駆使して「ライブオブジェクト」と作成する機能になりますが、人物像を作成する時は、その完成度が低く、そして「モノ」を作成する時は、「エラー」が起きやすく、その機能を最大限活用することができないとしています。

一方で今回の情報によると、「Samsung」は「3Dスキャン」をアップデートすることで、新たに「人物モード」と「モノモード」を導入することが明らかになったとしています。少なくとも被写体に適したモードを選ぶことでより完成度の高いライブオブジェクトを作成することが可能になるとしています。

少なくとも「3Dスキャン」機能は、「TOFセンサー」を搭載している機種であれば対応しており、「Galaxy Store」からアプリのダウンロードが可能だとしています。「AR」の一貫ですが、「Samsung」に限らず、「ライブオブジェクト」を作成できても、各メーカーあまりうまく活かしきれていない印象を受けますよね。

それこそ「Apple」の顔文字くらいでしょうか。続報に期待しましょう。

YouTubeはじめました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG