約「30万円」で。「Huawei Mate X」は1ヶ月で約「10万台」販売に

先日の情報からも、「中国市場」において「11月15日」より発売された「Huawei Mate X」ですが、「Vmall」において、入荷次第「即完売」を繰り返していることが明らかになっています。詳細は「また「即完売」か?「Huawei Mate X」次回入荷は「12月6日」」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei」は今年の「3月」までには、「派生モデル」であり、「デザイン」や「ヒンジ」が改善された「Huawei Mate Xs」を正式発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「「ヨーロッパ」でも発売に。「MWC2020」でよりデザインにヒンジが改良された「Huawei Mate Xs」が発表に」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、「Huawei Mate X」は1ヶ月で約「10万台」販売していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

月「10万台」のペースで。

さて今回の情報によると、「Huawei」は「Huawei Mate X」を月「10万台」のペースで販売することに成功していることを明らかにしたとしています。つまり発売からまもなく「2ヶ月」経過することからも、その販売数量は「20万台」に近いと考えることができます。

ライバル機種である「Galaxy Fold」は販売地域が限定されているとはいえ、「グローバル市場」においては発売されていますが、一方で「Huawei Mate X」は「中国市場」のみでの販売になっています。このことを考えると、「Huawei Mate X」は驚異的なペースで売れていると考えることができます。

それこそ「中国」で発売されている「Galaxy Fold」は「約23万円」くらいで「5G」には対応していません。一方で「Huawei Mate X」は「約27万円」で「5G」に対応しています。やはり「5G」に対応していることがアドバンテージになっているということでしょうか。

先日の情報からも「Huawei Mate Xs」は「ヨーロッパ」市場においても発売される可能性が高いと予測されています。このことからも、今年以降は「Huawei」の折り畳み機種が「グローバル市場」で発売されることで、さらに売り上げを伸ばす可能性があると考えることができます。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG