「Android」に付け入る隙はない。「クリスマス」で最も売れた機種で「iPhone」が独占

先日の情報からも、Appleは「3月」にイベントを開催し、「iPhone SE」の後継機種となる「iPhone 9」を正式発表する可能性が高いと予測されており、さらにその一部スペックも判明しています。詳細は「「iPhone SE」の後継機種ではない?次期4.7インチモデルの正式名称「iPhone 9」に?」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Apple」は「iPhone 9」含めて「2020年」に「6つ」の新型「iPhone」を正式発表する可能性が高いと予測されており、「iPhone 9」シリーズ。「iPhone 12」シリーズ。そして「iPhone 12 Pro」シリーズが発表されると予測されています。

詳細は「「Android」に対抗。「Apple」は「2020年」iPhone 9含め「6つ」の新型「iPhone」を正式に発表する可能性」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、「クリスマス」で最も売れた機種で「iPhone」が独占していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Android」に付け入る隙はない。

さて今回の情報によると、「クリスマス」期間から年末にかけて、「アメリカ」市場でアクティベーションされた機種のシェアをまとめたものが上記の画像になります。アメリカ市場でも非常にシェアが高い「iPhone」ですが、上位「トップ9」を独占していることを確認することができます。

やはり一番人気なのは「iPhone 11」。そして「2019年第3四半期」に最も売れている機種である「iPhone XR」が「2位」につけていることを確認することができます。詳細は「「Huawei P30」も頑張った。「2019年第3四半期」最も売れた機種は「iPhone XR」に」をご参照下さい。

上記の画像を確認すると、やはり安くなった旧機種が中心となっており、プレミアムモデルとしては唯一「iPhone 11 Pro Max」がランクインしていることを確認することができます。少なくともホリデーシーズンにおいて、「クリスマスプレゼント」として最も送られた「スマートフォン」は「iPhone」であると考えることができます。

アメリカ市場において「Samsung」のシェアもかなり高いのですが、全く付け入る隙がないと考えることができ、「クリスマスプレゼント」など、この時期にプレゼントを貰う世代においては「iPhone」の人気が高いとも考えることができます。

このグラフを見て思うのがやはり「iPhone」の廉価モデルを求めている人が多いと考えることができます。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG