「Pixel 4」が最強?「iPhone/Galaxy/Huawei」ナイトモード「比較」

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズでなぜ「高輝度モード」に対応していないのか、その理由が明らかになっています。詳細は「「電池持ち」が原因じゃない。「Google Pixel 4」が「高輝度モード」に対応していない理由が判明」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズが「4K60fps」の撮影に対応していない理由は「電池持ち」が一つ。そしてもう一つは「80%ルール」に基づいて開発されていることが要因だと予測されています。

詳細は「「Google Pixel 4」の評価が低い理由。それは「80%」の人々を満足するために開発されたから。」をご参照下さい。さて今回「ナイトモード」の評判が高い「Google Pixel 4 XL」「Galaxy Note10+」「iPhone 11 Pro Max」「Huawei Mate 30 Pro」で比較してみたので簡単にまとめたいと思います。

「ナイトモード」を比較。

撮影したタイミングで多少雨が降っていたこともあり、特に「Huawei Mate 30 Pro」で撮影した画像は、全体的にちょっとぼやけて見えます。

一方でこの4機種の中では最も「Google Pixel 4 XL」で撮影した画像が、実際の色合いに近く、「iPhone 11 Pro Max」はかなり明るく補正されています。

写真全体の明るさで見ると、「Google Pixel 4 XL」が最も明るく、色合いもはっきりしているように見えます。

また「Galaxy Note10+」もかなり頑張っています。一方でこれくらいの光量があると、「iPhone 11 Pro Max」は「ナイトモード」に切り替わらないので、全体的に暗い写真となっています。

個人的な印象としては「iPhone 11 Pro Max」の色味が一番自然に撮れているように感じます。ただ改めて比較して思うのは、「iPhone 11 Pro Max」の撮影は難しい。

光量が多いと「ナイトモード」に切り替わらず。さらに中途半端な光量だとかなり明るく補正されすぎてしまう。なので暗ければ暗いほど、「iPhone 11 Pro Max」のナイトモードの優秀さが際立つように感じます。

あくまでも今回撮影したのは一例に過ぎませんが、安定的に「ナイトモード」で撮影できるのは「Google Pixel 4 XL」に感じます。

そして「Galaxy Note10+」が意外にも頑張っていること。今年はより多くの機種が「低照度」の撮影を強化してくる可能性が高い中、どのような進化を遂げるのか非常に楽しみです。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG