「Google Pixel 4」が対応する新機能。アメリカ政府が最も求めている「機能」に?

先日の情報からも、「海外サイト」の評価において、「Google Pixel 4 XL」と「Galaxy Note10+」を比較した場合、「Google Pixel 4 XL」が意外にも高評価を獲得していることが判明しています。詳細は「珍しく「高評価」。「Google Pixel 4」が「Galaxy Note10+」より優れているポイント」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google」は今後「Google Pixel 4」シリーズに追加される新機能を正式発表しており、そのうちの一つとして「自動着信呼び出し画面」が明らかになっています。詳細は「「Google」正式発表。今後「Google Pixel 4」に追加される「新機能」判明」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Google Pixel 4」シリーズに今後追加される新機能「自動着信呼出画面」はアメリカ政府が力を入れている施策の一つをいち早く反映させた機能だと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「自動着信呼出画面」の重要性。

さて今回の情報によると、「トランプ大統領」は「TRACED法」に署名したことからも、「スパムコール」や「ロボコール」に対する取り締まりが一層強化される形になるとしており、一回の「スパムコール」や「ロボコール」において、罰金が「$10,000」に引き上げられたとしています。

また「ホワイトハウス」の報道官は、「TRACED法の成立に伴い、「2019年」にかけられた約「半数」の電話は「スパムコール」であったかもしれないと表現するくらい、アメリカでは「スパムコール」が深刻な問題だと考えることができます。

2018年において「Google Pixel」シリーズに対して、「通話画面」機能を強化しており、さらに「Google assistant」と連携することで、「スパムコール」への対策を強化していますが、先日の正式発表にあった通り、さらに「自動着信呼出画面」に対応させることで、より対策を強化させると考えることができます。

もちろん「スパムコール」への対応は、法律として社会全体で取り締まりを強化していることになりますが、「ユーザー」の最も身近な存在である「スマホ」においては対応がまちまちです。「Google Pixel 4」シリーズが「自動着信呼出画面」に対応するのは最初「アメリカ」のみとなっていることからも、今後アメリカで発売される機種は「スパムコール」への対策機能が強化されるのかもしれません。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG