絶望的な差。「Google」はAppleの「20分の1」。Samsungの「10分の1」の僅かシェア「2.3%」に

先日の情報からも、「2019年」において、多くの海外サイトが「Google Pixel 3a」を「2019年ベストスマートフォン」に選出していることが明らかになっています。詳細は「「Google Pixel 4a」にも期待。海外サイト「2019ベストスマートフォン」に「Google Pixel 3a」選出」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、海外サイトが行ったアンケートにおいては、「Google Pixel 4」シリーズが2位に大差をつけて2019年ベストスマートフォンに選出されていることが判明しています。詳細は「読者が選ぶ「2019年ベストスマートフォン」に「Google Pixel 4」が選出」をご参照下さい。

さて今回Gizmodeによると、「Google Pixel」シリーズのアメリカ市場におけるシェアは僅か「2.3%」しかないことに言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

AppleやSamsungと絶望的な差。

さて同サイトによると、「Google」のアメリカ市場における市場シェアは僅か「2.3%」しかないことに言及しています。2019年に「Google Pixel 3a」シリーズ。そして「Google Pixel 4」シリーズと発売している中、そのシェア率は非常に厳しいと考えることができます。

そしてアメリカ市場におけるシェア1位は「50.5%」を獲得している「Apple」そして「2位」は「27.4%」を獲得している「Samsung」になります。このことからも「Google」は「Apple」の約「20分の1」そして「Samsung」の「10分の1」しかシェアがなく、絶望的な差があると考えることができます。

それこそ、「グローバル市場」になるとさらにシェア率は下がると考えることができ、それこそ「SONY」と同じく「1%」以下であるとも考えることができます。詳細は「世界シェア僅か「0.167%」と凋落。ただ次期「Xperia」はSONYの総合力を結集した「プレミアム」機種に」をご参照下さい。

シェア率がその全てではありませんが、シェア率が低いということは、それだけ人気がないとも考えることができます。何より「Google Pixel」シリーズにしろ「Xperia」にしろガジェットサイトの多くが取り上げていることからも、注目度が高いですが、一般的なユーザーにはその魅力が分かりにくく、逆に高いという印象がついてしまっているのかもしれません。

SONYも「Google」もより「2020年」はより最適化された「マーケティング」が必要なのかもしれませんね。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG