「ソフト」に大きな「アドバンテージ」もなく。「Google Pixel 4」で見える最大の「欠点」

先日には、「Google Pixel 4」シリーズに対して「海外サイト」が非常に厳しい評価を下しており、「クリスマスプレゼント」に貰ったら、「返品」するべきだと評価されています。詳細は「海外サイト最も酷い評価。「Google Pixel 4」をクリスマスプレゼントで貰ったなら「返品」した方がいいって」をご参照下さい。

一方で、「Google」は課題である「ハード」部門でのシェアを拡大するために、「Google Pixel 4」シリーズなど一部製品を「年明け」においても割引していることが判明しています。詳細は「クリスマス兼お年玉に。「Google Pixel 4」シリーズ一部ユーザー限定で最大「1万9000円」の割引購入可能」をご参照下さい。

さて今回Gizmodeが、「Google Pixel 4」シリーズの最大の「欠点」について。そしてその「Android 10」に関して言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「Google」が抱える最大の「欠点」。

さて同サイトによると、「Google Pixel 4」シリーズの総評をまとめており、「Google Pixel 4」シリーズは確かに「ソフト」において、最高クラスの機種であることに違いはないとしています。ただ絶対的なアドバンテージがあるのか。

「OnePlus」の「Oxygen OS」や「Samsung」の「One UI」など非常に優れた「OS」を搭載している機種が増えていると評価しています。少なくとも「One UI」などは「Android10」がベースとなっており、メーカーごとにカスタマイズされた「OS」になります。

土台が「Android」となっているとはいえ、本当に「Google Pixel 4」シリーズに「絶対的」なアドバンテージがあるのか微妙な状況であると考えることができ、さらに「Google Pixel 4」シリーズに圧倒的に足りないものとして、やはり「ハード」をあげています。

少なくとも「Google Pixel 3」シリーズから大幅スペックアップしたとはいえ、競合他社にまだ追いついたと言える状態ではなく、どんなに優れた「ソフト」を搭載していても、「ハード」で大きく劣るようであれば、ユーザーから高評価を獲得するのは難しいと考えることができます。

だからこそ、「2019年」は「Google Pixel 3a」シリーズの方が評価されたと考えることができます。「ハード」を進化させるのに苦労しているのか、それとも「80%ルール」のもとあえて制限しているのか判然としませんが、今年は「ハード」の進化に期待したいところです。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG