見方を変えると成長に陰りが。「Huawei」は当初の目標対比「-20%」かつ「2020年」は低成長に?

先日の情報からも、「Huawei Mate 30」シリーズは「2019年12月」において「500万台」以上出荷していることが明らかになっており、発売から「3ヶ月」で「1200万台」以上出荷していることが明らかになっています。

詳細は「「Googleアプリ」不要?「Huawei Mate 30」すでに「1200万台」以上出荷」をご参照下さい。一方で先日の情報からも「Huawei」は「世界シェア1位」を獲得するにあたって、「Google」の存在は必要不可欠ではないことが明らかになっています。

詳細は「まもなく「Google」との取引再開?それでも「Huawei」Googleなしでシェア「世界1位」獲得可能」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」は「2020年」は「2019年」のような成長をすることが厳しいことを明らかにしたことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「低成長」の年になる?

さて今回の情報によると、「Huawei」のEric Xu会長が「2020年」における同社の成長は「2019年」のようにはいかないだろうと予測していることを明らかにしたとしています。少なくとも「2019年」において同社は「前年対比」で「18%」の増加で「$120億」の売上だったとしています。

また「スマートフォン」の出荷台数は「2億4000万台」程度であることを明らかになりました。ただ最も「Huawei」に勢いがあったのは、「エンティティリスト」に追加される「2019年5月」までで、「エンティティリスト」に追加後は、その成長に陰りがあるとしています。

何より「2億4000万台」の出荷となっています。同氏によれば「2019年」の出荷台数の予測は「3億台」程度だとされていました。つまり目標対比の「80%」しか達成しなかったと考えることができます。

少なくとも「中国」においては「Huawei」をサポートする動きが強く、多くのユーザーが「Huawei」製品を購入し、「中国市場」でのシェアも順調に拡大し、その結果中国市場では「1位」そしてグローバル市場においては「シェア2位」を獲得しています。また2020年においては、より「中国市場」でのシェアが拡大すると予測されています。

ただ「中国」での成長が限界に達した時、「Huawei」への状況が改善されていいない限り、そこからが本当に厳しい状況になると考えることができます。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG