「DxOMark」のスコアは「日常的」に向かない。「Xiaomi Mi Note10」より「Google Pixel 4」のカメラが優れている

先日の情報からも、「Google Pixel 4 」はカメラの評価サイトである「DxOMark」において、「112」のスコアを獲得していることが判明しており、世界トップである「Huawei Mate 30」シリーズには遠く及ばないことが明らかになっています。

詳細は「「世界最高」に到底及ばず。DxOMark「Google Pixel 4」のカメラスコア公開。」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Google Pixel 4 XL」の「ディスプレイ」に関しては、「Galaxy Note10+」と同じく「Display Mate」において、世界最高の評価を獲得していることが判明しています。

詳細は「ほぼ「完璧」。「Google Pixel 4」ディスプレイ「世界最高評価」獲得」をご参照下さい。さて今回NotebookCheckによると、「DxOMark」の評価は「日常」で使う上では参考にならないと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「DxOMark」の評価はあてにならない。

さて同サイトによると、「DxOMark」の評価は、「メーカー」とその「マーケティング」において利益を及ぼすのみであり、「日常」使うことを想定して、比較すると、そのスコアは全くあてにならないと評価しています。

その上で、同サイトは先日まで世界トップスコアを獲得していた「Xiaomi Mi Note10 Pro」とその他のハイエンドモデルの比較を以下のようにまとめています。

「Xiaomi Mi Note10」と他のハイエンドモデル比較してみて
「Google Pixel 4」は「12MP」のカメラを特に「日光下」において最大限活用することができる。
「Galaxy Note10+」はより優れた「HDR」と「コントラスト」に対応している
「P30 Pro」と「Mate 30 Pro」の方が「ハード」的には一流

少なくとも同サイトによれば、「Xiaomi Mi Note 10 Pro」は「108MP」のカメラセンサーにおいて、より「シャープネス」に。そして「露出バランス」を最適化することができないと評価しています。もちろんその機種のカメラによって、得意なこと。そして苦手なことがあると思いますが、「Xiaomi Mi Note 10」のような機種ほど、そのスペックをより見極める必要性があると考えることができます。

少なくとも「2020年」は「108MP」カメラセンサーを搭載する機種が増えると予測されている中、「高画素化」は一進むと考えることができます。逆に言えば、「高画素のカメラセンサー」を採用=カメラが優れているという印象に騙されないようにする必要性があるのかもしれません。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG