「海外サイト」が高く評価。けど「Xperia 1」の最大の失敗は「発売時期」

先日の情報からも、「Xperia 1」に対して「Android 10」のアップデートが配信されており、少なくとも「Xperia 1」に発生していた「カメラ」関連にかんする「不具合」は改善されている可能性が高いことが判明しています。

詳細は「朗報。「Xperia 1」Android10にアップデートで「カメラ」不具合完全に解消か。」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「Xperia 5」に関しては、「Android 10」へアップデートにおいても「ポートモードセルフィー」の不具合が改善されていないことが明らかになっています。

詳細は「「Android10」アップデートで「Xperia 1」と差が?「Xperia 5」の「ポートレートセルフィー」難あり?」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、「Xperia 1」は「2019年」勝者でもあり「敗者」でもあると評価していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「Xperia 1」は2019年の「勝者」であり「敗者」である。

さて今回同サイトによると、「Xperia 1」が「MWC2019」において正式発表された時は、世界初の「4K OLED HDR」に対応したこと。さらに「動画専用アプリ」である「Cinema Pro」を搭載していること。そして「Android 10」にアップデートすることで、より「インターフェイス」が改善されたことなどを高く評価しています。

一方で「Xperia 1」が市場で発売された時には、他のメーカーは「48MP」のカメラに「40W」の急速充電。そして「インディスプレイ指紋センサー」の搭載など、少なくとも「時代遅れ」を感じさせるようなスペックとなっており、やはりその「発売時期」が最大の失敗であった可能性が高いと評価しています。

ただ何より同サイトは「Xperia 1」を高く評価していることに違いはなく、次期「Xperia」では、その「発売時期」が改善されることで、ユーザーの評価を含めてより改善される可能性が高いと考えることができます。

確かに正式発表から発売まで「3ヶ月」も開いたのは致命的だったと考えることができます。次期「Xperia」では、その「発売時期」に関しても注目したいところです。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG