「Google」との取引再開不可に。今後「Huawei」はアメリカ企業との取引を積極的に中止する可能性

先日の情報からも、「Huawei」は「エンティティリスト」に追加されながらも、一部「アメリカ」企業と取引再開できる可能性が高いことが判明していました。詳細は「「Mate 30 Pro」の「Googleアプリ」は?アメリカが「Huawei」に対して一部取引を許可」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei」は「Google」との取引再開を望んでいないわけではないが、積極的に取引再開を望んでいるわけではないことが明らかになっています。詳細は「立場「逆転」?「Huawei」はアメリカ企業との取引なくても「問題なし」」をご参照下さい。

さて今回Gizchinaによると、「Huawei」は今後2~3年で、アメリカ企業との取引を積極的に中止していく可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

アメリカ企業との取引を中止に。

今回の情報によると、「アメリカ政府」は「Huawei」との取引再開を申請している企業に対して一部許可を出している中、「Google」や「Microsoft」に関しては許可しなかったことが判明したとしています。つまり、「Huawei」は依然として「Google」と取引を行うことができないと考えることができます。

一方で今回の情報によると、「Huawei」は「プランB」を用意しており、アメリカを拠点にした「サプライヤー」との取引を今後中止していくことが判明しています。ちなみに先日の情報からも「Huawei Mate 30 Pro」に関しては、「アメリカ製」のパーツが使われてないことが判明しています。

詳細は「「Googleアプリ」が徐々に遠く。「Huawei Mate 30 Pro」アメリカ製パーツ「一切」使わず」をご参照下さい。また「Huawei」は「HMS」と「Harmony OS」の準備を行っています。特に「Harmony OS」は今後「Google」アプリに関係がない、中華系のスマホにも採用されていく可能性が高いと予測されています。

つまり「Huawei」が「Google」と取引を行うことができなくなったことからも、「グローバル市場」において、「iOS」「Android」「Harmony OS」の3大勢力に分かれる可能性があると考えることができます。この状況になると、「Google」からもしても大きくシェアを落とす可能性があります。今後の動向に注目です。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG