次期Xperia(2020)。「TOF+顔認証+インカメラ」を搭載した画期的なセンサーを搭載に。

先日の情報からも、特許に基づいて作成された次期「Xperia」のレンダリング画像が公開されており、「Galaxy S11」シリーズなどと同じく「パンチホール式」に対応している可能性が高いと予測されています。詳細は「2020年登場。次期「Xperia 0」のレンダリング画像が「公開」?」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Xperia」では「TOFセンサー」が搭載され、さらに「イヤホンジャック」が復活する可能性が高いと予測されています。詳細は「有名リーカー示唆。次期「Xperia」(2020)。「TOF」初搭載+「イヤホンジャック」復活になりそう」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて「Sony」は「CES2020」で「TOFセンサー+顔認証+インカメラ」が統合された画期的なセンサーを発表する可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

画期的なセンサーを発表に?

今回の情報は、weiboにおいてがE8M_HDR投稿していたもの。

下个月Sony Semiconductor要出集成ToF,IR(人脸识别),和普通成像于一体的CIS了。
全合一,单片完成。 ​​​​

今回の投稿を確認すると、「Sony」は「顔認証」と「TOFセンサー」そして「イメージセンサー」を統合した画期的なセンサーを正式発表する可能性が高いとしています。少なくとも現状では、それぞれ別にセンサーを搭載しているため、どうしても「ノッチ」部分が大きくなる傾向にあります。

現に「顔認証」センサーの搭載が必要な「3D顔認証」に対応している「iPhone 11 Pro」や「Huawei Mate 30 Pro」などはノッチが太いです。ただ今回の情報が正しければ、「Galaxy Note10+」のように「パンチホール」を採用している機種であっても、「3D顔認証」に対応することができると考えることができます。

一部メーカーは「Under Display Camera」の開発に躍起になっていますが、少なくとも「Under Display Camera」の搭載を考えていないメーカーにとっては、この三位一体になっているセンサーの方が需要が高いと考えることができます。

何より「3D顔認証」に対応することで、セキュリティ面でも大きく改善すると考えることができるので。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG