「電池持ち」が原因じゃない。「Google Pixel 4」が「高輝度モード」に対応していない理由が判明

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズの「電池持ちの悪さ」は特に深刻で、「Google Pixel 4 XL」ならまだしも「Google Pixel 4」は購入するべきではないと海外サイトが評価していることが判明しています。

詳細は「海外サイトの「辛辣」評価。「Google Pixel 4 XL」はまだしも「Pixel 4」は購入するべきではない」をご参照下さい。また先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズは、「80%ルール」に基づいて開発されていることからも、中途半端なスペックに仕上がっていると考えることができます。

詳細は「「Google Pixel 4」の評価が低い理由。それは「80%」の人々を満足するために開発されたから。」をご参照下さい。さて今回XDAによると、「Google Pixel 4」シリーズが「高輝度モード」に対応していない理由について言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「高輝度モード」に対応していない理由

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズは、ユーザーが設定画面から「高輝度モード」の機能を「オン/オフ」することができませんが、ルート化することで「有効化」できることが判明しています。詳細は「また新たな「制限」。「Google Pixel 4」ディスプレイの明るさを約「1.5倍」にする方法判明」をご参照下さい。

さて今回の情報によると、「Google Pixel 4」シリーズは、「HDR」コンテンツを表示する時限定で、「高輝度モード」が有効化されていることが判明したとしています。少なくとも「Google Pixel 4」シリーズの最大輝度は「600nits」程度だとされています。

また「ディスプレイ」を見る条件で最悪ともいえる「直射日光下」において、快適に見えるためには「700nits」程度は必要だとされていますが、「Google Pixel 4」シリーズはこの条件下では「高輝度モード」が有効化されないことが明らかになっています。

今回の情報によれば、「Google Pixel 4」シリーズが、「HDR」コンテンツを見る以外でなぜ「高輝度モード」が有効化されないのか。その理由は「電池持ち」への影響ではなく「ディスプレイ」の焼き付けを防ぐためである可能性が高いとしています。

ちなみに先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズのディスプレイは、表面の「コーティング」がもろいことも判明しています。意外と「Google Pixel 4」シリーズの「ディスプレイ」も結構クセがあるのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG