「2020年2月24日」正式発表に?次期「Xperia」(2020)の詳細な「デザイン」が判明に?

先日の情報からも、次期「Xperia」は「 Snapdragon865」を搭載し「5G」に対応。さらに「4K OLED HDR」に対応すると予測されていますが、一方で「ハード」の進化がメインではなく「ソフト」の進化がメインになる可能性が高いと予測されています。

詳細は「次期Xperia(2020)。「Xperia 1」と比較して「ハード」より「ソフト」の進化に注力へ」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、次期「Xperia」では「イヤホンジャック」が復活する可能性。そして「TOFセンサー」を搭載する可能性が高いと予測されています。

詳細は「有名リーカー示唆。次期「Xperia」(2020)。「TOF」初搭載+「イヤホンジャック」復活になりそう」をご参照下さい。さて今回LetsGoDigitalが特許に基づいた次期「Xperia」のレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

次期「Xperia」のデザインが判明に。

さて今回同サイトがSonyが申請した特許に基づいて作成した次期「Xperia」のレンダリング画像が上記の画像になります。「Xperia 1」と同じく「アスペクト比21:9」を採用していることを確認することができます。

そして大きな違いは、「Galaxy Note10」シリーズなどと同じく「パンチホール」を採用していることです。一方で本体下部のベゼルはかなり分厚いです。ちなみに「Xperia 1」が正式発表された時には、「コンテンツ」を最大限を活かすために「ノッチ」や「パンチホール」は採用する気はないことが明らかになっています。

なので今回公開された「レンダリング画像」が次期「Xperia」のデザインだとすれば、Sonyは自身の発言を撤回することになります。まあ「パンチホール」自体は賛否がありますが、「ディスプレイ自体」はかなり広く見えますよね。

また今回のレンダリング画像を確認すると、「MWC2020」や「2020年2月24日月曜日」と記載されていることを確認することができます。このことからも、「MWC2020」で正式発表される可能性があると考えることができます。

「アスペクト比21:9」を採用することは濃厚だった次期「Xperia」ですが、ようやくそれっぽい「デザイン」が判明したことになります。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!


=”720″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”>

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG