「Google Pixel 4」も。「電池持ち」をよくする方法と「バッテリー」に関する「誤解」

先日の情報からも、「Google Pixel 4」シリーズにおいて、その深刻な「電池持ち」からも「Google Pixel 4」より「Google Pixel 4 XL」方が約「2倍」の人気があることが判明しています。詳細は「「Google Pixel 4 XL」は「Pixel 4」の「2倍」人気。「Pixel 4」の「電池持ち」アンケート結果公開」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Google Pixel 4」のバッテリーテストの結果が公開されており、今年の冬モデルの中では、圧倒的に「電池持ち」が悪いことが判明しています。詳細は「大手海外サイト「バッテリーテスト」公開。「Google Pixel 4 XL」電池持ち「冬モデル」最低クラス」をご参照下さい。

さて今回Centが、「スマートフォン」における「バッテリー」に関する「誤解」などをまとめていることが判明したので簡単に紹介したいと思います。

「バッテリー」に関する「誤解」

さて今回同サイトが「バッテリー」に対するよくある「誤解」について言及しているので簡単にまとめると以下のようになります。

「バッテリー」に関するよくある「誤解」
搭載されている「リチウム電池」は長らく進化していない。電池持ちが良くなったのは「OS」と「バッテリーサイズ」に起因している
電池残量が「20%」を切るとバッテリー自体に高負荷がかかる。ただ大型バッテリーの場合は小型バッテリーと比較して負荷が少ない。
「急速充電」は充電器に不具合がない限りダメージを与えることはない。
「過充電」されることはない
バッテリー残量を「0%」にするべきではない
バッテリーの過熱は「ダメージ」が大きい
純正ケーブル以外を使っても、一部機種以外に関しては影響はない

簡単にまとめるとこんな感じになります。ちなみに「急速充電」に関しては、例えばGalaxy」においては、最初の「30分間」で「70%」まで充電します。なぜなら「70%」までの充電であれば、「急速」に充電しても「バッテリー」にダメージを与えることはないとしています。

なので「70%」以降は、「バッテリー」にダメージを与えないように、緩やかに充電されていく仕様となっています。そして「過充電」に関しては、電池残量が「100%」になった時点で自動的に「充電」が停止される仕様になっているため、「過充電」されることはないとしています。

つまり「充電」ケーブルをつなぎっぱなしにしても、「バッテリー」に与える「ダメージ」は少ないと考えることができます。また「放電」に関しては、化学反応を起こす可能性があり、結果「バッテリー」にダメージを与える可能性があるとしていることからも、できるだけ「電池切れ」の状態を起こすべきではないとしています。

少なくとも「電池持ち」を良くするために、「Bluetooth」や「Wi-Fi」をオフにする。「ディスプレイ」の輝度を暗くするなどの技がありますが、そもそも「バッテリー」に関する知識が間違っていると「電池持ち」を悪くする可能性があるとしています。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG