「Xperia」が発表から「発売」まで遅い理由。それはリークを防ぐため?

先日の情報からも、「2019年第3四半期」において「Xperia」の「グローバル市場」におけるシェアは僅か「0.167%」しかない一方で、現在「SONY」の技術を結集させた次世代機種を開発していることが明らかになっています。

詳細は「世界シェア僅か「0.167%」と凋落。ただ次期「Xperia」はSONYの総合力を結集した「プレミアム」機種に」をご参照下さい。一方で「2020年」にはいよいよ「5G」に対応した「Xperia」が登場すると予測されている中、すでに「5G」対応機種の価格が下落を開始していることからも、「Xperia」もそこまで高くならない可能性があると考えることができます。

詳細は「「5G」対応機種の本体価格はすでに下落傾向に。次期「Xperia」(2020)もそこまで高価格化しない?」をご参照下さい。さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia」が発表から「発売」まで時間を要するその理由について投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「リーク」を防ぐため?

さて今回同サイトに投稿されていた内容は以下のようになります。

Like someone said here, they do mass production after event to prevent leaks.
Tons of people to “control”.
Employees, supliers, certification agency, stores, carriers etc …

さて今回の投稿によると、「Xperia」が発表後に「大量生産」を行うことで「リーク」を防ぐ目的があるとしています。ただ今回の投稿を確認する限りだと、「誰かが言ったように」にとしていることからも、その情報の信憑性は判然としません。

また2019年で見れば「Xperia 10」や「Xperia L3」など、一部地域限定とはいえ、正式発表の翌日から「発売」しています。さらに「Xperia 1」に関しては、むしろ「大量生産」が原因で「発売」が遅れたのではなく、「カメラソフト」の開発が難航したことが原因だとされています。

なので、今回の情報が、一概に全ての「Xperia」に当てはまるとは考えにくいと思います。次期「Xperia」に関しては、もう少し早く発売して欲しいですけどね。

YouTube始めました!


=”720″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”>

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG