「4G」と「5G」で異なるみたい。「Huawei Mate 30 Pro」DxOMarkで「世界1位」獲得

「9月中旬」に正式発表された「Huawei Mate 30」シリーズですが、上位モデルである「Huawei Mate 30 Pro」がDxOMarkにおいて「121」のスコアを獲得し、その当時世界「1位」を獲得し大きな話題となりました。詳細は「世界最高「121」DxOMarkにおいて「Huawei Mate 30 Pro」スコア公開。」をご参照下さい。

一方で先日正式発表された「Xiaomi Mi Note10 Pro」ですが、「108MP」に「8枚レンズ」構成を採用したこともあるのか、「Xiaomi」製品として初の「DxOmark」において世界「1位」のスコアを獲得した機種となっています。

詳細は「「Mate 30 Pro」に追いつき世界最高「121」のカメラ評価。「Xiaomi Mi CC9 Pro」正式発表」をご参照下さい。さて今回DxOMarkが「Huawei Mate 30 Pro 5G」のスコアを「123」であることを正式に発表したので簡単にまとめたいと思います。

世界1位を獲得に。

さて今回同サイトが公開した「Huawei Mate 30 Pro 5G」のスコアが上記の画像になります。そのスコアは「123」なっており、執筆時点では、単独で世界一位のスコアになります。ちなみに先日まで「1位」を獲得していたのは「Huawei Mate 30 Pro 4G」であり、同サイトによれば「4G」と「5G」モデルでは違いあるとしています。

「4G」モデルと「5G」モデルの違い
5Gモデルの方が「ズーム」撮影した場合、よりノイズが少ない
オートフォーカス機能が改善されている。
「ボケ」で撮影する際に、より「ダイナミックレンジ」の範囲が拡大している。
ビデオ撮影においてディティール/ノイズ/オートフォーカスの改善

少なくとも同サイトによれば「ソフトウェア」がより「5G」モデルの方が最適化されていることからも、より高評価を獲得したとしています。少なくとも先日の情報からも「DxOMark」に投資したメーカーの機種ほど高評価を獲得しやすいことが判明しています。

詳細は「次期Xperia(2020)が「カメラ」で高評価を獲得する方法。それは「DxOMark」に金を払うだけ」をご参照下さい。このことからも、「Huawei」が世界1位を獲得するために「Huawei Mate 30 Pro 5G」のレビューという形で多額の投資をした結果、「Huawei 」が再び世界1位を獲得できたのでは?と勘ぐってしまう面もあります。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG