「5G」対応機種の本体価格はすでに下落傾向に。次期「Xperia」(2020)もそこまで高価格化しない?

先日の情報からも、SONYはSONYの技術を結集した端末を開発していることを明らかにしており、その端末の導入時期は明らかにしていませんが、「2020年」に登場する可能性が高いと考えることができます。詳細は「世界シェア僅か「0.167%」と凋落。ただ次期「Xperia」はSONYの総合力を結集した「プレミアム」機種に」をご参照下さい。

一方で先日SONYの関係者へ行われたインタビューにおいて、SONYは適切な「マーケティング」に加え、「口コミ」もかなり重要視していることが明らかになっています。詳細は「「Xperia」が売れるために。SONYは「マーケティング」より「口コミ」を優先している?」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「5G対応機種」の市場価格がすでに「低下」を開始していることが明らかになったと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「5G対応機種」の価格は低下に。

さて今回の情報によると、市場の予測を大きく上回る形で「5G対応機種」の販売価格が低下していることが明らかになったとしています。今回の情報はあくまでも、「中国市場」で「5G」対応機種を発表している「Redmi」や「Oppo」など「中華系メーカー」が中心の話になりますが、それでも「価格低下」が早いと。

2019年の「Galaxy S10 5G」を皮切りに「5G対応機種」の販売が開始しましたが、「Galaxy S10 5G」は非常に高価であったのに対して、「Redmi K30」シリーズなどは非常に安価です。このことを考えると、「5G」に対応しているからと言って「高価」にしてしまうとその機種は売れない可能性が高いと考えることができます。

2020年には「5G対応」した「Xperia」が発表される可能性が高いと予測されています。今までの流れでみれば「5G」に対応することで高価格化すると考えることができますが、本体価格を高価格化するのか、それとも維持するのか。安くなるのかは「メーカー」の努力次第だと考えることができます。

少なくともこれだけ「安い」5G対応機種が乱立している「中国市場」にはおいては、「Xperia」や「Galaxy」に「iPhone」は付け入る隙はなく、「Huawei」くらいしか太刀打ちできないのかもしれないですね。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG