「Huawei」より恐ろしい状態に。「トルコ」で発売されている「Android」「Googleアプリ」使用不可に

先日の情報からも、「Huawei」はまもなく「Google」と取引を再開する可能性が高いと予測されていますが、一方で「Huawei」が市場シェア「1位」を獲得するにあたって、「Google」は必要不可欠ではないと考えていることを明らかにしています。

詳細は「「Mate 30 Pro」の「Googleアプリ」は?アメリカが「Huawei」に対して一部取引を許可」と「まもなく「Google」との取引再開?それでも「Huawei」Googleなしでシェア「世界1位」獲得可能」をご参照下さい。

さて今回REUTERSによると、「Google」は「トルコ」において「Googleアプリ」(GMS)の使用を不可の状態にすることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「Huawei」より恐ろしい状態に。

今回の情報のよると、トルコの競争当局は「モバイルソフトウェア」の競争において、「Google」が競争法に違反しているとして「2018年9月」に罰金の制裁を課しましたが、この結果を受けて、「Google」はトルコ市場において、ビジネスパートナーとして、Googleのサービスを提供することはできないと声明を発表しました。

少なくともユーザーに対しては、既存の機種に関しては今まで通り使うことができると発表していますが、今後状況が悪化した場合、「アップデート」はもちろん「GMS」自体が完全に使えなくなる可能性が十分に考えられます。

「Huawei」においては「アメリカ」の「エンティティリスト」に追加されたことが大きな影響となっていますが、一方で「トルコ」に関しては引くに引けない状態となっており、その影響がもろユーザーに出ていると考えることができます。

何より「Huawei」に関しては「Google」と取引ができなくても、それに代る手段を持ち合わせていますが、「トルコ」の場合は、そういきません。今後最新機種で「GMS」が使えなくなったとすれば、それこそ「iPhone」など「Android」以外の機種を求めるしかありません。

「Google」に依存していないからこそ、「中国国民」には影響が出ていませんが、「トルコ」に関しては、もろに影響が出るので、ちょっと可哀想ですよね。続報に期待しましょう。

YouTube始めました!

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG