「Xperia 1」の後継機種。「12MP+12MP+12MP」でやはり「画素数」変更なし?

先日の情報からも、2020年に登場する次期「Xperia」は「TOFセンサー」が搭載される可能性が高く、さらに「イヤホンジャック」が復活する可能性が高いと予測されています。詳細は「有名リーカー示唆。次期「Xperia」(2020)。「TOF」初搭載+「イヤホンジャック」復活になりそう」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「2020年」には「Xperia」としては初となる「6眼」カメラを搭載した「Xperia 0」が正式に発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「「One Sony」を体現して。SONYは「IFA2020」において、「5K/5G」に対応した「Xperia 0」を発表する可能性」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia 1」の後継機種は「Xperia1 」と変わらない「画素数」を採用する可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

「画素数」にやはり変更なし?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

So, gossips on reddit are true.
“1.1” with 12 + 12 + 12 …..

今回の投稿を確認すると、「Reddit」に投稿されていた内容は「事実」で「1.1」は「12+12+12」の構成になるとしています。ちなみに「1.1」は「Xperia 1」の後継機種の名称だとされています。つまり「Xperia 1」の後継機種は「12MP+12MP+12MP」の構成になる可能性が高いと考えることができます。

さらに先述しましたが「TOF」センサーを搭載する可能性が高いと予測されていることからも、実質「クアッドレンズカメラ」になる可能性が高いと考えることができます。少なくとも来年「Galaxy」や「Huawei」の機種はより高画素化したカメラセンサーを搭載する可能性が高いと予測されています。

ただ「カメラソフト」であまり加工しない「Xperia」だからこそ、高画素化の流れに追従しない方がいいように感じてしまいます。ただ画素数が維持の状態になると、どうしても表面的にはスペックが進化していないように感じてしまうため、ちょっとこの辺が難しいですよね。

とはいえ、「iPhone 11 Pro」シリーズも「12MP」を採用していることを考えると、やはり高画質=高画素ではないと考えることができます。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG