売れ行きに「鈍化」?「Huawei Mate 30」が値下げ「開始」

先日の情報からも、「中国市場」に力を入れている「Huawei」ですが、その効果もあり、「グローバル市場」でほとんど発売されていない「Huawei Mate 30」シリーズが、発売「2ヶ月弱」で「700万台」以上売れていることが明らかになっています。

詳細は「前年対比「75%」増。「Huawei Mate 30」2ヶ月以内ですでに「700万台」以上出荷をご参照下さい。一方で先日の情報からも「Huawei」は「Huawei Mate 30 Pro 5G」に新モデルを追加していることが明らかになっています。

詳細は「より「低価格」で。「Huawei Mate 30 Pro 5G」に新モデルが追加に」をご参照下さい。さて今回MyDriverseによると、中国において「Huawei Mate 30」の値下げが開始したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「値下げ」開始。

さて今回の情報によると、「Huawei Mate 30」の4Gモデルが「CNY3699」(約5万8000円)へと値下げが行われたことが判明したとしています。ちなみに発売当初は「CNY3999」(約6万3000円)であることからも、約「5000円」値引きされたと考えることができます。

実質「Huawei Mate 30」シリーズの中では、この「Huawei Mate 30/4G」がエントリーモデルとなっており、最も安い機種となっています。ただ今回の情報では、なぜ値引きが行われたのか判然としません。単純に発売してから時間が経過し、販売が鈍化してきたのか。

それとも「ホリデーシーズン」を意識して値引きを行ったのか判然としません。ただ何より「Huawei」は「Huawei Mate 30」シリーズの販売にかなり注力していることが明らかになっていることからも、「Huawei」からより販売を促されたのかもしれません。

先日の情報からも、「Huawei P40」シリーズは、例年より早く「2月」に正式発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Samsung」よりも早く。「Huawei P40 Pro」は「2020年2月中旬」に発表か?」をご参照下さい。

このことを考えると、「Huawei Mate 30」シリーズの最も売り時はこのホリデーシーズンですよね。「Huawei Mate 30」シリーズがどこまで売上を伸ばすことができるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG