「Xperia」が売れるために。SONYは「マーケティング」より「口コミ」を優先している?

先日の情報からも、「2019年第3四半期」において、「Xperia」の出荷台数は僅か「60万台」程度に留まっていることが判明しており、前年同期比でその出荷台数は大幅に減少していますが、一方で「営業利益」は大幅に回復していることが明らかになっています。

詳細は「「Xperia 1」供給制限も影響の可能性。モバイル部門/販売台数「半減」営業利益「黒字」」をご参照下さい。一方で先日の情報からも、「出荷台数」が大幅に減少したこともあり、「グローバル」市場における、そのシェア率は僅か「0.167%」しかないことが明らかになっています。

詳細は「世界シェア僅か「0.167%」と凋落。ただ次期「Xperia」はSONYの総合力を結集した「プレミアム」機種に」をご参照下さい。さて今回DigitalTrendによると、SONY関係者のインタビューにおいて、「SONY」は口コミも重要視していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「口コミ」を重要視している?

さて同サイトによると、SONYの関係者は以下のように発言していることが判明したと報告しています。

Someya and Sony believe that if you implement and promote these high grade features properly to those audiences, they have better insight into how the technology can be used, as they’re already exposed to the features elsewhere. Through word of mouth and seeing the results from the pros, others will be inspired to try out a new Xperia phone.

“Through their word of mouth and community, we will gradually reach out to mass audiences. We are not in a hurry to convince everybody at this point.”

SONYは「高機能」を適切な場所で宣伝することを重要視している。そしてこの機能に魅力を感じる「プロ」や「ユーザー」の「口コミ」を通して、その良さは周りにさらに広がる。もちろん今のご時世「口コミ」もかなり重要な宣伝になります。

ただ、最適な「マーケティング戦略」があってこその「口コミ」になります。少なくともSONYの「マーケティング戦略」はあまり上手くないです。この「マーケティング」戦略における問題は長らく改善していません。だからこそ、今回の発言は「口コミ」頼りになっているように感じます。

「Xperia」ファンとしては「口コミ」よりも、より最適かつ洗練された「マーケティング戦略」を行ってもらい、少しでも「シェア率」を回復して欲しいところです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG