「Mate 30 Pro」の爆発的な売れ行き。世界「1位」Samsungとの差は僅か「3.6%」

先日の情報からも、「Huawei Mate 30」シリーズの売れ行きを大きく上回り「2ヶ月弱」で「700万台」以上出荷していることが明らかになっています。詳細は「前年対比「75%」増。「Huawei Mate 30」2ヶ月以内ですでに「700万台」以上出荷」をご参照下さい。

特に「中国市場」でのマーケティングを強化している一方で、「Huawei Mate 30 Pro」は「ヨーロッパ」地域においても、その販売地域を拡大していることが明らかになっています。詳細は「いよいよ「ヨーロッパ」で。「Huawei Mate 30 Pro」超限定的に「発売」開始」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Huawei」と「Samsung」のシェア率は僅か「3.6%」しか差がないことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

僅か「3.6%」の差しかない。

さて今回市場調査において、2019年におけるメーカー別のシェア率と出荷台数をまとめると以下のようになります。

メーカー出荷台数シェア率
Samsung3億2300万台21.3%
Huawei2億5100万台17.7%
Apple1億9300万台13.6%

今回の数字はあくまでも「第4四半期」は含まれていません。ただ「第4四半期」において、「Huawei」は「Huawei Mate 30」シリーズに「Huawei Mate X」など新製品の発売を開始していることを考えると、さらにその数字は伸びると考えることができます。

少なくとも「第3四半期」までの時点で「Samsung」と「Huawei」の差が「3.6%」しかないことを考えると、「2019年」通年で見た場合その差をさらに縮める可能性があると考えることができます。

また今回の情報によると、「Huawei」は中国市場でそのシェアを大きく伸ばしており「2018年」は「23%」だったのに対して、「2019年」は「40%」まで伸ばしています。なので「中国市場」でそのシェアを拡大すればするほど、Samsungを抜いて世界1位になる可能性が高いと考えることができます。

そして仮に「アメリカ」からの経済制裁が解除され、「グローバル」市場で以前のように発売することができれば、「Samsung」を抜くのは時間の問題だと考えることができます。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG