次期「Xperia」(2020)。「オートフォーカス」と「HDR」が改善でより「低照度」に強く

先日の情報からも、2020年2月に正式発表される可能性が高い次期「Xperia」ですが、「Xperia」初となる「TOFセンサー」が搭載される可能性が高いと予測されています。詳細は「有名リーカー示唆。次期「Xperia」(2020)。「TOF」初搭載+「イヤホンジャック」復活になりそう」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Xperia」においては、「1/1.7インチ」のカメラセンサーを搭載する可能性があると予測されており、現行の「Xperia 1」や「Xperia 5」と比較すると大幅に「カメラセンサー」が大型化すると考えることができます。

詳細は「より「夜景」撮影も強化。次期Xperia(2020)のカメラ「1/1.7インチ」搭載確定か?」をご参照下さい。さて今回SonyAlpha Rumorsによると、SONYが新しい「モバイルイメージセンサー」のための画素構造を発表したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「低照度」により強く。

さて今回Sonyが「オンチップレンズ」(OCL)溶液2×2を正式発表したとしています。この「オンチップレンズ」(OCL)溶液2×2の開発により「高速オートフォーカス」「高解像度」「高感度」「HDR」がより改善されるとしています。

特に注目すべきは「オートフォーカス」と「HDR」です。従来の「Xperia」は低照度における「HDR」と「オートフォーカス」は弱点となっており、この弱点が今後改善される可能性が高い。特に「低照度」における「オートフォーカス」機能は点で駄目でした。

また「低照度」において「HDR」機能もひどかったです。あくまでも今回の話は「カメラセンサー」によるものですが、少なくとも「カメラソフト」で大幅に加工を施さない「Xperia」だからこそ、よりその差ははっきりと確認できると考えることができます。

ただ「ソフト」の面においても、そろそろ「ナイトモード」に対応してほしいとことですよね。ちなみに先日の情報からも、次期「Xperia」で「ナイトモード」が搭載される可能性があることが判明しています。

詳細は「次期「Xperia」(2020)。「ナイトモード」を搭載か。前向きに「検討」」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG