「Galaxy S10」が起因?Samsung「日本市場」で前年同期比「3倍」驚異的な成長を実現。

先日の情報からも、「Samsung」は「ドコモ」限定モデルとして、「Galaxy Note10+」StarWars Editionを「12月13日」より発売することを明らかにしています。詳細は「「Galaxy Note10+」StarWars Edition。「ドコモ」限定で「12月15日」より発売」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、Samsungは「日本市場」において、「2019年第3四半期」においてシェア「2位」を獲得していることが明らかになっています。詳細は「SONY「Xperia」も真似するべき。Samsungからみる「シェア率」と「ブランド価値」は一致するわけではない」をご参照下さい。

さて今回BusinessKoreaによると、Samsungは「2019年第3四半期」において前年同期比「3倍」の驚異的な成長を実現したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

「前年同期比3倍」を達成。

さて今回の情報によると、BrandStockが、「日本市場」において、Samsungが「前年同期対比」で「3倍」のシェアを獲得することに成功したことを明らかにしたとしています。少なくとも今回の情報は「2019年第3四半期」によるもの。

ちょうどこの期間「日本」では最新機種が発表されていません。つまり「上半期」に発表された「Galaxy S10」シリーズや「Galaxy A30」がシェア拡大に大きく貢献していると考えることができます。

特に「日本市場」でSamsungは「ミドルレンジモデル」の展開を積極的に行っていることが大きな要因だと考えることができます。また「Samsung」というロゴが嫌悪される可能性が高いことからも、「グローバルモデル」とは異なり「キャリアモデル」では「Galaxy」のロゴを採用しています。

今まで苦しい時代が続きましたが、今後「Samsung」はシェアをより拡大する可能性が高いと考えることができ、「2019年第4四半期」には「Galaxy Note10+/Galaxy Fold/Galaxy A20」が発売されています。

また「2020年3月」には「5G」が開始し、「Samsung」の「5G」対応機種もより積極的に展開されると考えることができます。「Huawei」がその勢いを落としつつ、「Xiaomi」が日本市場で展開を開始しましたが、やはりブランド名では「Samsung」の方が上。

今後「iPhone」に対してどれくらい食い込むことができるのか非常の楽しみです。続報に期待しましょう。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG